旅館バイトは楽しい人間観察 伊豆の旅館でリゾートバイト


現在37歳の主婦です。

もう、15年も前のことになりますが、リゾートバイトを経験しました。




温泉好きな私にぴったりのリゾートバイト


温泉好きな私にぴったりのアルバイトがあると誘われ、知り合いのツテで伊豆の旅館で短期のお仕事を紹介されました。

当時短大を出て始めた最初の仕事を精神的にダメになって辞めてしまい、その後リゾートバイトに行ったことで、各地方を転々として働いてみたくなっていました。

そこでこの旅館での住み込みリゾートバイトも体験してみようと引き受けたのです。

細やかな気遣いが居心地の良さを作る


バイトを始めてみると、最初のうちは2時間ドラマなどでよく見かけた光景を何度も目にしては1人心の中で盛り上がっていました。

女将さんがいて、仲居さんがいて、板長さんがいて…これだけでも普段接する機会のないお仕事の方々だったので、私の目には新鮮に映りました。まだ若かったせいもあり、なんだかミーハーに見ていたので、今から思うと反省しきりです。

私は仲居さんについて、掃除やお部屋の準備などをしていたました。そして、旅館に泊まる時は当たり前にそうなっていることが、実は仲居さんたちが気を配って準備してくれていたのだと改めて気づくことができました。

泊まるお客様に合わせて浴衣を変えたりお菓子を変えたりします。細やかな気遣いが居心地の良さを作っていきます。それでお客様に喜んでもらえるとこのリゾートバイトのやりがいに繋がるのだと思い至りました。

たくさんのことを知りながらお仕事をさせてもらいました。ただ、温泉には1日の仕事の後に入ることが出来ましたが、ゆったりのんびり最後に入れる…と言ったイメージとは違っていたので、少し残念でした。

やりがいにハマる リゾートバイト


このアルバイトを始めて、世の中には本当にいろいろな人がいるなぁと思いました。仲居さんがいると落ち着かない人、逆に話して周辺のことや旅館のことを聞きたい人。

ゆったりとしたペースで時間を過ごされたい人、やることはすぐに終わらせて部屋で休みたい人。ご家族連れの微笑ましい様子や恋人同士、友人関係…人間観察をしているようで、当時の私にはとても楽しかったです。

もちろんジロジロと観察するなどといった相手を不快にさせる行動はしませんでしたが。そしてそれぞれのニーズにあった接客・準備を出来たことが翌朝にわかった瞬間。

胸の中でガッツポーズを取りたくなるほどテンションが上がり、嬉しくなりました。来る時に眉間にしわを寄せていたお客様が笑顔で帰っていく様子を見られると、こちらまで笑顔になれて今日も頑張ろうと思えるんです。

このアルバイトをもっと続けてみようかと思うほど、そのやりがいにハマっていました。結局私は3ヶ月という短期間しか働きませんでしたが、いろいろな人の心と体の動きが観察できて、とても有意義な時間の過ごせたアルバイトだったと思います。

 

コメント