リゾートバイトの不安を解消!

リゾートバイトで楽しく働いて稼ごう!

土肥の旅館で初リゾートバイト体験談

スポンサードリンク

私は39歳の、ただいま訳合って仕事をお休みしている主婦です。

スポンサードリンク

リゾートバイト経験者の話から興味をもった

20代後半の時に一緒に働いていたスタッフが全国の色々な場所にリゾートバイトとして就労しておりました。

そのスタッフの話を聞きとても興味を持ちました。

早速派遣会社を紹介してもらい登録。やっていたアルバイトを辞めて、リゾートバイトをやることにしました。

コンビニまで行くのに歩いて30分、持ちよくゆっくりとした時間

私が勧められて行った場所は、静岡県の土肥にある比較的新しい旅館でした。

海の目の前に立っており、最上階の露天風呂から見ることができる夕日がきれいでそれを売りにしている旅館でした。

リゾートバイトとして3か月の予定だったので、旅館の近くにある寮に住まいました。

寮は昔、旅館をしていた2階建て小さな建物で、ふすまで鍵のない和室10畳の部屋が割り当てられました。

寮には私をいれて2階に3人の女性と1階に大家さんの年配の女性が住んでいました。

生活に不自由はありませんでした。共同スペースは3人で当番制に掃除をし、洗濯機は2台あったので3人で時間を調節して使いました。

食事は旅館でまかないが出て、お風呂は旅館のお風呂を夜9時以降なら使ってよかったので、毎日温泉に入ることが出来ました。

スポンサードリンク

まわりには海と山しかなく、旅館の寮から一番近いコンビニまで行くのに歩いて30分、小さなスーパーはそれ以上に遠かったです。

でも私にとってはとても魅力的な環境でした。お休みの日には朝と夕方にコンビニまでずっと海岸沿いを散歩しました。

土肥は温泉地ですが、比較的に静かなところなので観光客が少なく、気持ちよくゆっくりとした時間を過ごすことができました。

担当してくれた初々しい仲居さんの笑顔に癒されました

旅館は部屋数が少ないお宿でしたので、一部屋に一人の仲居さんが担当としてつきました。

忙しいときにはひとりで二部屋、三部屋を担当して、部屋食の提供では部屋の行き来に苦労しました。

その部屋のお客様の食べるペースを見ながら厨房に次の料理を頼み、それをお客様に提供します。

お酒を飲まれる方は比較的にゆっくりお食事を楽しまれるので余裕をもってできるのです。

でも、お酒を飲まれないお客様はお食事のペースが速いので、先を読みながら厨房に料理を頼まないとお客様が料理を待つことになってしまいます。

それを見極めることには苦労しました。

慣れない環境や仕事で、リゾートバイトのお仕事を少し軽く考えていた私には最初のうち、慣れるまでは辛かったです。

ある時、一緒に働いているスタッフに呼ばれ行ってみると、私のことが口コミに書かれていることを教えてくれました。

口コミには、担当してくれた初々しい仲居さんの笑顔に癒されました。と・・・またこちらの旅館を利用したいです。と書かれていました。

私はすごく嬉しく感じたことを覚えています。

お客様の口コミによって私も癒されました。仕事が辛いなと感じていた私を、仕事が楽しいなと感じさせてくれるようになる出来事でした。

リゾートバイト・・・始める前には、誰にでも簡単に出来るよね、と軽く考えていましたが、仕事をしてみてどんな仕事にも責任が生じ、人と人との大切な出会いがある場所なんだという考えに変わりました。

 

スポンサードリンク