リゾートバイトの不安を解消!

リゾートバイトで楽しく働いて稼ごう!

絶景の朝焼け犬吠埼のリゾートホテルでリゾートバイト

私は、30歳の女性会社員です。

現在の会社に就職する前、千葉県銚子市犬吠埼にあるリゾートホテルでフロントのバイトをしていました。

スポンサードリンク

年末年始に高級ホテルでのんびり優雅に過ごしたい富裕層のお客様でホテルは大変忙し

私が27歳の時で、11月〜1月の短期のリゾートバイトでしたが、年末年始に高級ホテルでのんびり優雅に過ごしたい富裕層のお客様でホテルは大変忙しかったです。

その為、高級ホテルではありましたが、人手が足りないようで、同僚にも派遣やバイトスタッフが多かったです。

リゾートバイトの仕事内容としては、一般的なホテルフロントスタッフと同じでした。

エントランスでご到着されたお客様を確認し、フロントまでお荷物運び。

椅子に座ってのチェックイン方式でしたので、ご着席されたお客様へ、館内の説明等を済ませ、お部屋までご案内と荷物運びます。

そのままお部屋で、部屋内設備のご説明(冷蔵庫や金庫の説明等)を行います。

全てのお客様のチェックインを終えたあとは、夕方まで中休みとなります。

ご夕食のお時間になれば、フロント横のレストラン前に立ち、お客様を1組ずつレストランのお席までご案内(席が決まっている)。

翌朝も同じように、朝食のお席までお客様をご案内したあと、フロントにてチェックアウトの仕事を行い、玄関までお荷物をお持ちしてお見送り、という内容でした。

早朝に入った露天風呂から見える朝焼けは絶景

スポンサードリンク

楽しかった事といえば、館内の大浴場がリゾートバイトスタッフも入り放題だった事です。

オーシャンビューの星空や朝日の見えるとても綺麗な大浴場でしたから、それが毎日無料で入れるというのは、とても幸せでした。

特に、ホテルから見える、海からの日の出の美しさを売りにしているホテルでしたので、早朝に入った露天風呂から見える朝焼けは絶景で、一生忘れません。

辛かった事は、高級ホテルでのフロント業ですから、当然身だしなみに厳しく、髪型やお化粧の仕方について細かくチェック、注意された事です。

つけまつげ等のオシャレは禁止されていましたし、アイライン等も派手なものは注意されました。

それから、レストランまでのお客様ご案内の際、フロントで自分が担当したお客様に再度お名前を確認する事は失礼とされています。

チェックイン時にお客様のお顔とお名前を覚える事が必須となっていました。

そして夕食時にレストランまで来たお客様にお名前をこちらから聞く事なく『◯◯様ですね、お待ちしておりました』とスムーズにご案内する事が、お客様を感動させるスマートな接客となっていました。

ここで名前を間違えると、とんでもない事になりますから、物覚えの悪いスッタフは大変だったと思います。

犬吠埼の綺麗な星空と温泉に癒され、1/1には美しい日の出を拝む

私がこのリゾートバイトを選んだ理由は、比較的に田舎の地域にあり、静かな場所で働く事を希望していたからなのです。

実際に採用になるまで場所を訪れた事がなかったので、採用されてから行ってみると、田舎ではありましたが、コンビニなども近く、想像していた以上のど田舎ではなかったのが少々残念でした。

まかないも出たのですが、高級ホテルとはいえ、リゾートバイトスタッフへの食事は、近所のおばちゃんが作るとても貧素な食事で、がっかりしたのを覚えています。

年末年始で、想像以上の忙しさで、とても大変ではありましたが、犬吠埼の綺麗な星空と温泉に癒され、1/1には美しい日の出を拝む事が出来て、私にとっては充実した忘れられないリゾートバイト経験となりました。

 

スポンサードリンク