リゾートバイトでの相部屋ってどんな感じ?デメリットはある?


数週間から数カ月に渡って、リゾート地で集中的に稼げると人気の高いリゾートバイト。

その多くは、リゾート地という環境の関係上、住み込みや泊まり込みで勤務するスタイルがほとんどです。

居住場所などは、勤務先にて用意してくれる場合がほとんどで、その多くは個室となっている場合は多いようです。

しかし、中には「相部屋」という形で募集している企業もあるようです。

今回は、リゾートバイトにおける相部屋についてまとめてみました。参考にしていただければと思います。

リゾートバイトの相部屋ってどんな感じ?

個室の寮などを用意している施設が多い中、時々相部屋となっている寮を提供している施設やホテルなどを見かける場合があるでしょう。

割合的には、相部屋のケースは比較的少なくなってはいるものの、用意できる居住スペースの関係からやむを得ず相部屋としている企業もあるようです。

相部屋と聞くと狭い部屋に何人もの人が生活するようなイメージを持つ方もいるようですが、そうとも限らないようです。

いくつかのタイプがありますので、確認していきましょう。

相部屋のタイプはさまざま

「相部屋」といってもいろいろなタイプがあります。

例えば、個室にいくつかベッドを置いているようなタイプや、2段ベッドがいくつかあるようなタイプで、まるで修学旅行の宿泊地のようなイメージの寮です。

基本的に寝起きするだけという感じが強く、まさに相部屋といえばコレ!といったイメージのタイプの部屋になります。

しかし、他にもさまざまなタイプの相部屋があるため、要チェックです。

例えば、1つのペンションを2~3名で使用するなど、窮屈さを感じないタイプの相部屋というものもあります。
また、2LDのマンションやアパートを借りてそれぞれ1名ずつ住むような場合でも、相部屋と表記する場合があるため、相部屋となっている場合でも細かくチェックしてみると楽しいかもしれませんね。

相部屋のメリットとデメリットは?

さて、相部屋を提供しているリゾートバイトを選んだ場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

メリットとして一番大きいのは、仲間が近くにいるという安心感でしょう。

同じ環境で働く仲間は、仕事で失敗してへこんだとき、悩みや愚痴を聞いてくれる存在でもあります。

また、個室と比べると仲良くなるスピードも速いようです。

しかし、一人でいたいというタイプの方にとっては、逆にこの相部屋の環境が苦痛でストレスに感じてしまう場合もあります。

仕事終わりまで気を使って過ごしたくない、疲れてるのに仕事の愚痴とか聞きたくないんだよなぁ・・と思うような方にとっては、とてもつらい環境となってしまう場合もあるでしょう。

このように、プライベートな時間が持ちにくく、仕事のオンオフがしにくいというのはデメリットともいえるかもしれません。

相部屋のリゾートバイトは決して多くはありませんが・・・

仲間とワイワイ楽しく働きたい!人が好きで話をするのも大好き!

寂しがり屋だから、一緒に過ごせると安心。そういう方は、ほんの数カ月短い時間でも友情を築き上げるのが得意な方かもしれません。
そんな方はぜひ、相部屋でのリゾートバイトを探してみると良いでしょう。

コメント