鹿児島旅行で経験した台風だからこそ楽しめた旅行体験談


九州へ旅行へ行った際に台風にあってしまった経験をもとにかいていきたいと思います。

私は九州、鹿児島へ旅行に行ったさいに丁度台風に見舞われてしまいました。

その時にどういう過ごし方をしたのか、台風と遭遇したことで、逆に良かったと感じた点をかいていきたいと思います。


九州地方の台風時期をそらしても台風に見舞われる


九州地方の台風の発生が多い季節は8月から9月といわれています。なので、私たちは、7月に鹿児島旅行の計画をたてました。

しかし、その年は台風が発生するのが早い年だったみたいで、旅行の半分が、台風に見舞われてしまったのです。

3泊4日の旅行の半分は台風でした。こう、事前にいつが台風がくるのか計算しても、台風にあたってしまう場合もあります。

年によって、台風発生時期は全然違うので、旅行時期に丁度台風がきてしまったらそれはそれでしょうがないので、台風だから、雨だからできることも沢山あります。

その過ごし方について何例かあげてかいていきたいと思います。

注意点としては、台風がひどい時は沖縄も同じことが言えるのですが、暴風が東京の台風とは全然違うので、危険なため、外にはでないでください。

鹿児島ならではのぬれずに楽しめる水族館


まずは水族館です。台風が激しい時は外出が危険なためしないほうがいいのですが、台風が少しでも落ちる居ているときは、水族館へでかけるのもいいと思います。

いおワールドかごしまという水族館があります。鹿児島市にあり、アクセスしやすい位置にあります。

水族館内も1F~5Fまである、縦長の水族館ですごく広いです。1日水族館内で遊べると思います。

いま話題のダイオウグソクムシやミズクラゲの水槽もあり人気です。イルカのショーも水族館内で行われるので、中止になることもありませんし、濡れることなく見ることができるのでおすすめです。

お子さんは特に水族館はおすすめです。タッチプールや海洋生物について勉強できるコーナーもあるので、夏の宿題や自由研究とかに役立つと思います。

台風の中奄美の海を海水浴をしないで体験できる


次にまた水族館続きになってしまうのですが、奄美海洋展示館です。

こちらもアクセスしやすい位置にありますし、台風がおちついてからいけると思います。

こちらの方は公園にもなっているので、雨や台風がおさまったら外でも遊ぶことができるのですが、台風ともなれば展示館で見学する方がいいですね。

鹿児島で海水浴をしようと思ったけど台無しになってしまった方とかにおすすめです。

奄美のすごく綺麗な魚やさんごが展示してあって、海水浴とかはできないですが、こういったところにいって海水浴をした気分を味わうというのもいい方法だと思います。

本当に綺麗で東京の水族館ではみれないような生物が展示してあったりして、奄美の海にいるような気分は味わえます。

台風でもすごく綺麗な薩摩切子が自分でつくれる


最後に私の最もおすすめしたいのは薩摩切子の体験です。私たちは旅行の半分は台風で過ごし方にこまっていたのですが、ふらっとたちよった飲み屋さんですごく綺麗なグラスに出会い、お店の方から薩摩切子だと教えていただきました。

光の加減で見え方も全然違いますし、このグラスほしいと思っていたら体験ができる所があると教えていただきました。

もともと何か体験をしたいなとおもっていたので、早速、教えていただいた薩摩切子が体験できるところへいきました。

グラスにカット工具でカットしていくのですが、すごく難しく、職人の方に教えてもらいながらやりました。

集中しているので時間があっという間にすぎて本当に楽しかったです。上手とはいえませんが、鹿児島にきたという記念になりました。台風とか雨でなくてもこの薩摩切子体験はおすすめです。

旅行が台風で台無しにされるのは本当にショックですが、過ごし方は本当に色々ありますし、台風だからそこ楽しめる体験もあるので是非色々調べてみてください。

コメント