台風・沖縄・新婚旅行:ブセナテラス宿泊体験談


結婚し新婚旅行で2015年10月に私が33歳で妻も33歳の時に、沖縄へ旅行に行きました。

お互い会社員で丁度仕事が忙しく、何とか日程を調整して行きました。本当に新婚旅行は楽しみにしていたので仕事を頑張る事ができました。


せっかくの新婚旅行の天気予報は曇りと雨


付き合っている時から、お互い仕事が忙しく、旅行に行ったのは温泉旅行の1回だけでした。その為、新婚旅行の沖縄は本当に楽しみでした。

新婚旅行という事で4泊5日の旅行です。宿もブセナテラスという高いホテルを予約し、追加料金を払いオーションビューの部屋にしました。

部屋も本当に広い部屋でかなり豪華でした。新婚旅行の日程が近づき、週間天気を見ると、なんと全て曇りと雨です。

晴れの予報が全くなかったです。本当に運がないと、妻と天気予報を見ていました。

沖縄では、レンタカーを借りたので、コバルトブルーの海を見ながらドライブをするのが楽しみでした。

私はペーパードライバーだった為、ペーパードライバー講習を受けて準備をしていました。

急に沖縄に台風が接近という天気予報に


新婚旅行が日程が近づくと更に、天気予報をチェックする回数が増えました。

すると、天気予報が沖縄に台風が直撃する可能性があるという予報に変わっていました。

直撃する日は、なんと私たちが沖縄に到着する日です。新婚旅行2日前、天気予報は沖縄に台風が直撃すると発表になりました。

仕事の昼休みにツアーを申し込んだ旅行会社に問い合わせをしました。

飛ばなかった場合、ホテルの料金はどうなるとか、次の日に沖縄に飛行機で行けるのか、レンタカーの手配はどうなる、飛行機は飛ぶのかなど、色々と無茶な事を聞いていました。私は本当に大混乱でした。

次の日にも同じような電話をしました。旅行会社の人は私のめちゃくちゃな電話に困ったと思います。本当に反省しています。

台風直撃!?けれど、何とか沖縄に飛行機が飛び立ちました


新婚旅行当日、やはり沖縄に台風が直撃する予報です。私は午前10時ぐらい出発の便でした。

旅行会社からは、とりあえず空港に向かってくれと言われたので、妻と空港に向かいました。もう祈るばかりでした。

そして空港に向かう途中、飛行機の離陸情報を調べると、私の便は飛ぶと表示されていました。

しかし、天候によっては、引き返す事もあると記載されていました。空港に到着し、手続きをして少し遅れて沖縄に飛び立ち無事に那覇に着きました。

因みに私が乗った便の2つ後の便からは欠航でした。本当に運が良かったです。那覇について空港を出ると、強風が凄かったです。雲の動きも不気味で台風がくるなと思いました。

レンタカー屋が迎えに来てくれてレンタカー屋に向かい手続きしていると、雨と風が強くなり、台風がかなり近づいてきて、レンタカー屋を出発しました。

ブセナテラスまで台風の中で走りました


私はペーパードライバーでした。ブセナテラスまでは約1時間ぐらいだったと思います。雨と風が強くて本当に怖かったです。

ブセナテラスまでは高速道路で行くのが最短ですが、車の運転は慣れていないので、一般道で行こうとしましたが、妻が一般道だと時間がかかるから、台風に直撃する可能性があるから高速道路に入ってと、言われ高速道路に入りました。

しばらく経つと、かなりの強風になり、高速道路を安全にゆっくりと走っていました。回りの車も私と同じぐらいで走っていました。

強風で車体が持っていかれそうになり恐怖でした。運転に慣れていなかった為、余計に怖かったです。

視界も悪く、初めての場所なので全く何処を走っているか分かりません。カーナビだけが頼りです。

無事にブセナテラスに到着し、しばらく経つと台風が上陸し直撃しました。ブセナテラスの窓には土嚢が用意されていて、さすが台風に慣れている沖縄だと感じました。

台風が去ってからは、天気が全て晴れになり最高の新婚旅行になりました。

コメント