台風にもてあそばれた福岡への家族旅行体験談

スポンサードリンク

以前に家族で福岡に旅行に行ったときのことです。

もともと九州には興味があったので、どこにしようか迷ったのですが、まずは最もメジャーで、最も都会であるとされる福岡に行ってみることにしたのです。

天気に一抹の不安はありましたが、そこはそれ、行ってしまえばなんとかなると思っていました。

スポンサードリンク

台風の影響1:公共の交通機関として利用した新幹線で

移動はかなりの距離で当たったため、公共の交通手段を利用することにしました。

バスも考えたのですが、私は車酔いをするほうなのでどうも気が進まなかったのです。座席が必ずしも心地よくないような気がしたので、やはりここは少々高額にはなってしまうけれど、新幹線を利用することにしました。

新幹線は無事に出発したものの、その日は九州地方に台風が接近中という天気予報であったため、不安でした。

途中、曇り空であったが、一向に雨は降ってこないので、これは無事に到着できそうだと楽観視していたのですが、いざ福岡が近くなってくると、急に激しい雨が降りはじめました。

強い風も吹いてきて木が倒れそうなくらい曲がっている。そしてついに、新幹線が徐行をはじめ、止まってしまったのです。

台風の影響2:新幹線の中で過ごす時間は意外と

新幹線が止まるといっても、すぐに動き出すのであれば、何の問題もありません。

せめて30分程度であろうと楽観していたので、持っていた本を読んだりして、のんびりと動き出すのを待っていました。

しかしなが、いっこうに走り始める気配がないのです。新幹線の車掌は、「台風接近のため」といった理由を繰り返しアナウンスするが、いつ頃再開するのかはっきりと言わないので、徐々に不安になってきました。

スポンサードリンク

本はまだ読み始めたところなので、時間をつぶすことはできるけれど、福岡への到着があまり遅くなると、結局、今日は何もできなくなってしまう。

想像していた以上に、止まった新幹線で過ごすのは辛く感じました。それでも何とか、1時間ほどして新幹線は動き始めました。

しかしながら当然、徐行しながらの運転であるため、非常に遅い速度でのろのろと進むのみ。

台風の影響3:ようやくホテルに到着したのはよいが

予定より2時間くらい遅れて、ようやく博多駅に到着しました。

外はまさに台風の真ん中という感じで、ああ運が悪いなぁと落ち込んでしまいました。

それでもまずはチェックインしないことには始まらないので、ホテルの最寄り駅まで地下鉄に乗車、

幸い、地下鉄の駅からホテルまでは近かったので、ずぶぬれにはならずに済みました。

福岡は、博多駅から市内の主要な場所へのアクセスが良いのが助かります。

飛行機で来たとしても、福岡空港から博多駅まではすぐです(もちろん、台風の場合、飛行機が欠航になる可能性が高いですが)。

ホテルに着くと、とにかくほっとしたのを覚えています。しかしテレビのニュースによれば、台風はが福岡に本格的にやってくるのは、翌日とのことで・・・。

台風の時期はNG:福岡タワーに上ってはみたものの

翌日の予定の一つに、福岡タワーに行って上ってみようというのがありました。

いわゆる「ももち」と言われるあたりで、天気さえよければ、海も近くて気持ちの良い場所らしいです。

地下鉄を使って最寄駅まで行ったが、あまりに雨が激しいので結局、タクシーで福岡タワーのあたりまで行きました。

台風自体は、福岡を去りつつあるということで、福岡タワー自体は営業していたのが幸いでしたが。

でも、せっかく上ってみたものの、天気が悪いために、見晴らしがあまりよくなく、大変残念でした。

風もまだ強かったので、なんだか揺れているような気までしてきて・・。

こんな天気の中、のんきに福岡タワーに上っている人はさすがに少なかったので、混雑しているよりはましでしたが、せっかくの福岡旅行は、台風を避けるべきだと思いました。

今度こそはリベンジしたいと考えています(もちろん台風の季節は避けて)。

スポンサードリンク

カテゴリー