リゾートバイトの不安を解消!

リゾートバイトで楽しく働いて稼ごう!

台風直撃!沖縄本島二泊三日、かりゆしビーチリゾート体験談

スポンサードリンク

彼と付き合って半年。彼が30歳になる節目の誕生日に沖縄旅行を企画しました。

私も仕事をしていてサービス業でシフト制で、彼は土日休みの会社員でした。

休みがなかなか合わず普段は私が彼の休みに合わせて休みを取って、月に2、3回会えればいい方で・・・。

ましてや連休なんてほとんど取れない状況の中9月の彼の誕生日に30歳という節目の年ということもあり沖縄旅行を企画したんです。

スポンサードリンク

誕生日沖縄旅行の企画

茨城ではほとんど台風が逸れて直撃がないので、9月〜10月は台風が多い時期というのは知っていてもそこまで意識はせず企画をしてしまいました。

せっかくの旅行なので少しの時間も無駄にしたくないと思い、分単位でスケジュールをたてました。

iPadで仕事の合間に旅行のしおりまで作って楽しみにしていたんです。

移動の距離と移動の速度から時間を割り出し無駄の無い計画。二泊三日で沖縄本島の名所をまわるため宿泊先は二ヶ所を選びました。

いざ台風の沖縄に出発

待ちに待った出発の日のことです。

ニュースではもしかしたら台風直撃かもってくらいで、大丈夫だろうとたかをくくっていたんだけど、空港についてチケット売り場に行くとすごく並んでいて不安になってきました。

順番が来て前の人の会話が聞こえたんですが、

「台風が直撃するためもし出発しても帰り帰ってこれない可能性があります。いま出発しないで引き返せば旅費は戻ります」

とのことでした。

前の人たちは続々キャンセルし旅行を断念してる様子で、自分たちの番が来るまでに彼と相談する時間があり、話し合いました。

彼は「せっかく私が企画したんだもん決めて良いよ。もし出発して帰ってこれなくても後悔しない方の選択をしよう」って言ってくれて、悩みに悩み出発することになりました。

飛行機が飛ぶまでの間半泣き状態の私と、それを見て笑ってる彼。

だんだん落ち込んで来て不安になったけど、気持ちを切り替えなんとか明るく振舞おうとしていました。

台風が近づく沖縄に到着!

着いてからレンタカーを借りに行き一応保険に入り出発!!この時はまだ雨は降らず曇りでした。まず古宇里島へ行きました。

本島からくるまで離島に行けて、本島から繋ぐ橋がずーっと海の上を通っててとにかく綺麗!古宇里島ついてアイスを食べて海を眺め、タコスを食べました。

それから本島戻り、高速で一気に島の北側へ向かいました。

スポンサードリンク

美ら海水族館に着く頃には雨が降って来てツアーを申し込んだ旅行会社から電話があり車の中で選択を迫られることになりました。

もう帰りの飛行機は99%飛ばないから違う便を探すしか無いとのことでした。違う便がなければ帰りを遅らせるしか無いしホテルも探さないといけないしで、私は号泣。

彼は「そこまで泣かなくても」って、あまりに落ち込んでる私を見て半分笑っていました。

後からわかった話ですが、笑ってたのは少しでも旅行を楽しい思い出にしたかったからみたいです。

でもそんなことその時は考えてられなくてもう、涙涙でした。

なぜなら何ヶ月もこの旅行のために分単位のスケジュールを立てて計画は完璧だったんです。

しおりまで作って最高の誕生日になる予定だったから、こんなはずじゃなかったと、どうしても笑えない私がいました。

雨の沖縄観光に泣く私、頼りになる彼に感謝

雨も本降りになってきて水族館の駐車場には着いてるのに外に出られなくて、帰りの便を探さなければ、と焦ってばかりでした。

彼は普段あまり電話もしないしなんか頼りなさそうなイメージだったけど、この時は飛行機の手配とか色々一生懸命してくれて本当に頼りになりました。

初めてみた姿に感動したりで、感情の起伏の激しい私でした。今思えばだけど…笑

なんとか帰りの便の目途がたって私はそれでも落ち込んでいたけれど、せっかく来たんだからと外に出て水族館へ歩いて向かいました。

雨は土砂降りで外の生き物や展示物は一切見られず、ビショビショだし、泣きすぎて化粧は落ちてるしで大変でした。

撮った写真はほぼすっぴんで生き物よりも私たちメインの寂しい感じになっていたのがとても残念です。

中から眺める海の景色は沖縄とは思えないくらい暗い海で今でも鮮明に覚えています。

その後行ったところもほとんどが雨で施設系は行けず、早々とホテルに行き、ホテル内にあったプールで遊んだりしました。これは沖縄じゃなくてもできることですが、しかたありません。

2日目も何もできずホテルにこもりっきりでした。帰りの日はなんとかホテルから出てレンタカーを返し空港へむかいました。

空港に着くと全ての便が欠航になっていて、帰れない人達で溢れかえっていました。

私たちが乗る便ももちろん欠航。どうしようもないから会社に連絡してもしかしたら帰れないかもしれない事を伝えました。すごく怒られたけど、どうしようもありませんでした。

空港で何もできず待っていると、案内板の表示が変わり、私達の便から出発できることになったんです!!奇跡!この時本当に強運だと感じました。

そして諦めないで沖縄に来て良かったって心から思えました。

沖縄に旅行にきて台風直撃なんてすごい確率だけど帰りも奇跡的に予定通り帰ることが出来たのはもっとすごいことだと思います。

彼に本当に感謝できた旅行でした。

 

沖縄旅行に行くなら何月?台風が多い時期は8月9月10月?

スポンサードリンク