沖縄旅行体験談 台風

台風に振り回された沖縄倶楽部メソッド石垣島の思い出

投稿日:2017年6月15日 更新日:

今からもう10年くらい昔の話になりますが、結婚し会社員として働いていた私は、夫と二人で現在のシルバーウィークにあたる時期に初めて石垣島へ行きました。

夫ともども仕事の関係でかなり遅くなった夏休みと、20代最後の思い出にと選んだ旅行でした。

スポンサードリンク

沖縄のはるか南に台風発生、クラブメッド石垣島で缶詰状態に

チェックインしたその日は天気が良く、青い海の絶景はまさにイメージどおりで有頂天になりました。

実はこのとき、沖縄のはるか南に台風が発生していたのは知っていたのですが、予想が外れて進路をやや変えて沖縄本島に接近してきてしまっていたのです。

悲しいことに天気は次第に下り坂、滞在3日目にしてホテルでの屋外のアクティビティは全てキャンセルになってしまいました。

それでもせっかく来たのだからと、滞在中は室内でのフィットネスや夜の余興を楽しんだり、食事のビュッフェを堪能していました。

やがて沖縄石垣島に台風が最接近!

青い海が見えるはずの部屋の窓からは激しい風に揺さぶられた木々と荒れる海しか見えません。そしてほどなく旅行会社から帰りの飛行機の欠航が確定した旨の連絡が入ったのです。

勝手に「まだ大丈夫だろう、ちゃんと帰れるだろう。」と希望的観測をしていたのですが、現実はそれほど甘くありませんでした。

結局飛行機が飛ぶまで滞在し続けるしかなく、かといってホテルは満室で延泊は不可、石垣市内へ移動するしかありませんでした。

台風一過オートバイをレンタルして石垣島観光

予想外の出費でしたが市内のホテルを手配してチェックイン、半日ほどで台風が遠ざかり始め雨は止み風も弱まり始めました。

ホテルにいてばかりでも悲しいので、ガイドブックを片手にオートバイに二人乗りして外出することにしました。

唐人墓や鍾乳洞へ行ったり、伝統工芸品であるミンサー織の工房を見学したり。

地元の人が食料品を調達するスーパーへ行ってみたり、そして八重山そばや紫いものソフトクリームを食べたりと、自由気ままにいろいろな場所を巡りました。

その途中、飼い猫らしき猫を見かけてビックリ!本土に住んでいる丸っとした体型の猫とは体つきがちょっと違ったのです。

スポンサードリンク

まるで、以前テレビで見たイリオモテヤマネコのように全体がすらっとしていて、頭の形もちょっと尖った感じで野生味があるというか。

近寄ってみましたが相手にされず、ちょっとプライドも高そうでした。

普通なら観光バスに乗って巡るであろう場所をツーリングしながら自分達で巡る、天気はイマイチでしたが思いのほか楽しみました。

滞在を延ばしたからこそできたこの体験、少しだけ台風に感謝しました。

ホテルに戻った頃、タイミング良く旅行会社から飛行機の運航再開の連絡が入りました。

話しでは、明朝早くにホテルをチェックアウトして石垣島空港へ行き、キャンセル待ちの列に並ぶしか方法はないとのことでした。

台風は去ったが石垣島空港はキャンセル待ちで長蛇の列

旅行会社からのアドバイスどおり石垣島空港へ行ったのですが、そこで待ち受けていたのはキャンセル待ちの便に押し寄せた人、人、人。

それほど大きな規模の空港ではなかったため、窓口が大混乱していました。

私達は手続きを済ませて航空会社の指示通り列に並びました、しかしその日の便に乗れるかどうか可能性は五分五分で、ドキドキしながら待ちました。

待ちに待った搭乗開始、一人また一人と搭乗口のほうへ誘導され始め、私達の順番が近づいてきます。

そしていよいよという時、「とりあえず、あと一人。」と係員から無慈悲な一言が発せられました。つまり、夫が私のどちらか一人ということです。

「えっ?」と耳を疑いましたが、仕事の関係でこれ以上延泊できない夫を行かせるしかありません。

その別れのシーンは、今思い返すとなかなか印象的でした。
「俺一人だけなんて、行けないよ。」と言う夫(涙ぐんではいませんでしたが)。
「いいから行って!」と、離ればなれになりたくない気持ちをグッとこらえて言う私。

夫は何度も振り返り、搭乗口へ入って行きました。私は彼の姿が見えなくなるまで、ずっと手を振り続けました。
「私だけ延泊か・・・仕方ない、荷物を返してもらってホテルを手配しないと。」
などと考えながら、5分くらいが経過したときでしょうか、
「次の3名様、お進みください!」と係員が言いました。

「やったー!」と私は小躍りしながら突進し、搭乗便のドアのところでしょんぼりしていた夫のところへ駆け寄りました。
「良かった、良かった。」この時の彼のくしゃくしゃな笑顔は、生涯忘れることはありません。
いろいろありましたが、無事帰宅できました。

余分に有給休暇をいただいた職場でお詫びも兼ねたお土産を配っていると、「台風は大丈夫だった?」と同僚たちから聞かれ何度も同じ話しをしました。

そしてほぼ必ずこう言われました、「9月に沖縄なんて行くからだよー!」。

初めての石垣島で台風に遭遇したのは運が悪かったのですが、それはそれで良い思い出になりました。

 

沖縄旅行に行くなら何月?台風が多い時期は8月9月10月?

スポンサードリンク

-沖縄旅行体験談, 台風
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

かりゆしビーチリゾートオーシャンスパで沖縄旅行体験談

スポンサードリンク 冬シーズンの沖縄旅行は旅費もリーズナブルだし、イメージとは少し違う沖縄に、新たな魅力を感じることができるかもしれませんよ。 スポンサードリンク More from my site沖 …

台風が2つも来襲してたのに沖縄旅行を強行しました

スポンサードリンク 10月に友達同士の沖縄旅行を毎年実施していました。 その年もそれぞれが30代の会社員ということもあり土日+有給で2泊3日の沖縄旅行で離島の渡嘉敷島で体験ダイビングもしようという計画 …

台風にもてあそばれた福岡への家族旅行体験談

スポンサードリンク 以前に家族で福岡に旅行に行ったときのことです。 もともと九州には興味があったので、どこにしようか迷ったのですが、まずは最もメジャーで、最も都会であるとされる福岡に行ってみることにし …

台風で現地合流計画ならず!種子島宇宙センターにリベンジを誓う

スポンサードリンク 9月前半種子島と屋久島に行った、40歳パート事務員です。 私は種子島に行ったことがなかったので屋久島とセットで行こうかと、宇宙大好きな主人と二人の共通の友人(20代男性)と3人で計 …

台風直撃で島の裏の顔を見た!沖縄宮古島旅行体験談

スポンサードリンク 私は沖縄の宮古島が大好きで、毎年旅費が少し安くなる9月に旅行に行っています。 9月は台風の時期なのですが、今まで8回宮古島に行った中で台風に当たったのは幸いなことにたった1回だけで …