沖縄旅行体験談 台風

台風の沖縄本島たつや旅館でユンタクーを堪能し、飲み明かした体験談

投稿日:2017年6月12日 更新日:

4年前の9月27日、28才だった私は6度目の沖縄本島へ旅行に行きました。沖縄が大好きで、離島にも5回滞在しており、今回の旅行は離島で知り合った沖縄仲間と2度目の旅行でした。

スポンサードリンク

3泊4日の日程なのに、台風と一緒に沖縄上陸

2人とも沖縄の有名な観光地は行き着くしていたのでマニアックな場所へ行こうと色々調べている時、たまたまテレビで流れた伊江島を知りました。

そこは海の透明度が本島とは比べ物にならないほどきれいで手付かずの大自然が残っている素敵な場所でした。まさに私たちが探し求めていた旅先にピッタリ。

行き先は決まりましたが民宿に泊まりたかった私たち、当然伊江島民宿に泊まるパックツアーはないため沖縄本島のビジネスホテルに泊まる往復航空券付き1泊3日のツアーに申し込み、宿のない2泊を伊江島の民宿に直接電話で予約を入れました。

さて、こうして旅の準備が整ったわけですが天気予報はと見ると台風、それもかなり大きいやつです。

そもそも飛行機が飛ばないんじゃないかと心配もしましたが、無事に飛行機は沖縄へ到着。同時に台風も沖縄本島へ上陸したのでした。

 

沖縄で巨大台風を経験、でも楽しんでやる

当時私は結婚したばかりで専業主婦でした。一方友達は仕事をしていたため、台風の中沖縄へ行って最悪帰れなくなることも考えました。

そうなると仕事を休まなければなりません。私は仕事をしていなかったので帰れなくても主人が寂しい思いをするだけですが、友達は台風の中沖縄に遊びに行って帰れないとは会社には言い辛いに違いありません。

出発直前まで悩んでいましたが沖縄愛には勝てず、飛行機が飛んだら行ってしまおう、その後のことはそうなったら考えようということになりました。

一応会社には沖縄に行くとは言わなかったようですが。そして結局飛行機は飛び私たちは沖縄に到着しました。

東京の晴れた空が嘘のようにどんよりした厚い雲に覆われ、私たちの知っている沖縄の顔とは全く違う世界が広がっていました。

空港をでると経験したことのないような台風。歩くこともままならない強風の中なんとか捕まえたタクシーにのりとりあえずホテルにチェックインしました。

さてこれからどうしよう。台風だからと言ってホテルに籠っているのはもったいない。私たちはタクシーで国際通りへ行きすぐに入れた居酒屋で夕飯を取りました。

これで帰るにはまだ早いということで、泡盛を飲んで気分がよくなった私たちは台風を楽しんでやることにしました。

台風の国際通りを練り歩き、カラオケで一晩歌い倒すことにしたのですが、店に入ったとたん店員の言葉に耳を疑いました。

台風の影響でカラオケの画面が消える可能性もあるというのです。それでもよければどうぞということで、私たちはその状況を面白がり消えるまで歌ってやることにしました。

スポンサードリンク

結局画面が消えることはなく私たちは無事に朝を迎えました。

台風で伊江島をキャンセル、急遽泊まった沖縄たつや旅館が濃かった

2日目、台風はますます強くなっており私たちは伊江島行きを断念するしかありませんでした。当然のことながらフェリーが運休したのです。

朝一で伊江島の民宿にキャンセルの電話を入れると、台風だから仕方がないとキャンセル料は無料にしてくれました。

ホテルを出た私たちはまず、今日の宿を探さないといけません。本島には沢山のホテルがあるのですが、私たちはせめてホテルではなく民宿で、しかもゆんたくができる宿を探しました。

インターネットで探しいくつか見つかったのですがどこも飛行機が飛ばず足止めを食らった宿泊客で満室。

3時間ほど探してやっと予約できたのがたつや旅館でした。私たちはタクシーに乗り、スーパーへ寄ってからたつや旅館へ向かいました。タクシーの運転手さんが、今まで経験したなかで最大の台風だと言っていました。

たつや旅館に到着すると2匹の猫とおねぇ系の主人が迎えてくれました。そしてリビングには宿泊客が6名。みんな20代で1ヶ月以上連泊している旅人でした。

たつや旅館は旅館という名前ですが完全な民宿、しかも主人のキャラが濃くて自分のことをマスターと呼んでいました。

夕飯はついていなかったのでスーパーで買ったお総菜と大量のオリオンビールで済ませました。21時になってゆんたくが始まりました。

マスターの三線に合わせてみんなで沖縄民謡を歌いました。気分のよくなったマスターが自前の泡盛を振る舞ってくれ、私たちはたらふく飲みました。こうして台風2日目の夜は楽しくふけていきました。

 

3日目、台風が過ぎた街で見つけた素敵な沖縄居酒屋

3日目は台風が奇跡的に過ぎ去り外を歩けるようになりました。私たちは国際通りでお土産を見たり食べたり飲んだり、ずっとできなかったことを目一杯しました。

そして夜は宿のユンタクーをパスし、沖縄のディープな居酒屋を探す旅にでることにしました。しかし探しても探してもなかなか見つかりません。

チェーン店やお洒落な居酒屋は沢山あるのですが私たちの求めるうちなんちゅで溢れたディープなお店にはなかなか出会えませんでした。

一度民宿に戻り仮眠をして夜中1時、最後の悪あがきで民宿から徒歩10分の赤提灯がかかった店に行ってみることにしました。

よいよい亭というこの店こそ、私たちが探し求めた地元民で溢れる素敵な居酒屋だったのです。

私たちは店にいたうちなんちゅ達と朝まで飲みました。泡盛もビールもおごってもらいました。そして明け方4時、完全に酔っぱらいとなった私たちとうちなんちゅ2人は、居酒屋の主人に連れられ行きつけのパブで飛行機の時間が許すまで歌いました。

たつや旅館に戻った私たちに向かって、こんなに飲む客は初めてだとマスターが言いました。私たちは大満足で晴れの沖縄を後にしました。

私の大好きな沖縄、台風でも楽しめるということを実証した旅となりました。

スポンサードリンク

-沖縄旅行体験談, 台風
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

忘れられない!星野リゾートに泊まる沖縄の離島3島の旅行体験記

スポンサードリンク 「はての浜」「竹富島」「小浜島」20代に会社員で貯めたお金を使い、ついに初の沖縄3島めぐりに行ってきました! ここまでくるのに本当に長かった…全然お金が貯まらなかったです…休みが取 …

台風の東京ディズニーランドで、トホホ体験談

多くの方が訪れる東京ディズニーランド。 スポンサードリンク まるで現実から物語の中へ飛び込んでしまったかのような、まさに夢の国。 その夢の国が台風に見舞われると、それはもう放送事故のような大惨事になる …

沖縄久米島イーフビーチホテルに泊まる旅行体験談

      スポンサードリンク 沖縄の離島「久米島」へ!滞在先は、イーフビーチホテル。久米島に行くと決めたとき、車で回りたい!と思いました。 スポンサードリンク More …

沖縄旅行・ホテルから出るのも一苦労!超大型台風に遭遇!!

沖縄といえば青い海に青い空、綺麗な海を満喫するのが醍醐味ですよね。しかし、夏の旅行シーズンは恰好のたいふうシーズンでもあります。 スポンサードリンク かくいう私も、女友達2人で学生生活最後の夏にと沖縄 …

沖縄、福岡、大阪、愛知を通って東京を通過する台風はあるのか?

台風の進路については、一年間を通してみると、おおよそのパターンが決まっています。 その、台風の進路について、特定の地域に接近・上陸するのかについて、地域ごとに件数などご紹介していきたいと思います。 ス …