台風

北海道にも台風は進路を向ける?台風上陸による被害は多いのか?

投稿日:2017年6月11日 更新日:

台風シーズンの日本列島で、北海道はといえば梅雨もなくさわやかなイメージばかりが先行してますが、昨年の北海道は度重なる台風の被害を受け、大変な状況になりました。
最近の台風が過去と比べてどんなふうに変わってきたのか、北海道が受けた台風被害がどのようなものだったのでしょうか。

スポンサードリンク

北海道に進路をとる台風は多いの?

北海道に台風上陸。あまり耳慣れないことばではありませんか?台風といえば、気象予報図などを見ると、南の海上で発生し沖縄方面や小笠原諸島などのあたりから本州に向かって近づいてきて、日本海側に抜けていくようなイメージが強いのではないでしょうか。
沖縄方面から回り込んで日本を縦断していく台風もありますし、東北方面を掠めるように走り抜ける台風もあります。ですが、北海道まで到達する台風のイメージはあまり顕著ではないでしょう。
ですが、ここ数年の台風の進路などを見ていると過去の大きな台風などの進路とは少し違っていて、関東あたりに上陸してそのまま本土上空を北海道まで駆け上がっていくものや、一度本土に上陸したものが会場に戻り、別の地方に再上陸するなど、迷走台風と呼ばれるようなものなどが見られるようになりました。
本来、本土に上陸した台風は、その勢力を大幅に削られ、温帯低気圧になってしまうため、北海道まで到達することはほぼないと言ってもよかったのですが、昨年の北海道を襲った台風7号などは日本に沿う形で北上の進路をとり、北海道を直撃しました。

用語の説明
台風上陸:台風の中心が本土の沿岸に達した場合(この場合の本土は、本州・四国・九州)
台風接近:1.ある地点への台風の接近:台風の中心が、その地点を中心とする半径300㎞以内の域内に入ること
2.ある広がりを持った地域(地方予報区など)への台風の接近、台風が
その地域の地理的な境界線(海岸線、県境など)から半径300㎞の
域内に入ること。但し、その地域に含まれるいずれかの気象官署等に
接近したことをもってかえることがある
台風通過台風の中心が小さい島や小さい半島を横切り短時間で再び海上に出る場合
【出典】気象庁ホームページ(http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/haichi2.html)

過去のデータからみると、北海道に上陸するような台風珍しいといえるでしょう。そもそも、過去30年の気象庁の台風接近のデータから見て北海道に台風が来る時期は6月7月はごくまれで、8月もあるかないか、9月になってようやく1個、といった程度でした。
その常識が覆されたのが昨年の北海道地方への過去最多5個の台風上陸・接近です。

スポンサードリンク

北海道で台風被害を受けた地域はどこ?

日本への台風の上陸数は統計が開始されてから2004年の10個に次いで、1990年、1993年と並んで2番目に多いものでした。6個の台風が上陸したのですが、そのうち5個の台風が北海道に接近しているのです。
直撃が2個、再上陸も含めて3個の台風が北海道に上陸しました。これは観測開始以降初めてのことです。
広い北海道のどの地域がどのような被害を受けたのか。接近・上陸した台風ごとに分けるとこうなります。
台風7号:8月17日襟裳岬付近に上陸し、十勝地方、オホーツク地方を中心に被害
台風11号:8月21日釧路市付近に上陸し、十勝地方、オホーツク地方を中心に被害
台風9号:8月23日日高地方に上陸し、十勝地方、日高地方、オホーツク地方など広い範囲に被害拡大
台風10号:8月29日から31日に北海道に接近。上陸しなかったものの暴風・暴雨により十勝地方などで広範囲にわたり被害をうける。河川の氾濫、橋の流失など。交通網のマヒなど大規模な災害となる
特に、台風7号11号9号の3つの台風が上陸するのは気象庁による統計が始まって以来初めてのこと。8月16日から31にちまでの総降水量は、北海道士幌町ぬかびら源泉郷で858.0mmを記録するなど、雨による被害も最大72時間降水量で19地点が観測史上1位の値を更新するなどしました。まさに、北海道において、初めての大規模台風災害がおきたのです。

日本に接近する台風の通る進路は?上陸数はどの程度?

台風は、東からの貿易風。西からの偏西風・太平洋高気圧らの影響を受けて進路を変えるのですが、季節により、その進路にはある程度の法則があります。
日本に接近する台風の一般的な進路は上部参照写真にもあるように、月ごとにその大まかな進路を見て取ることができます。
6月以降の太平洋高気圧の影響により、台風の進路は日本に接近してきます。太平洋高気圧が西側に張り出してくることで、台風の進路はその外側に沿うように湾曲した形で日本に接近してくるのですが、ちょうどその湾曲の外側が日本よりも下側になるか上になるかにより、日本への影響も変化してきます。
台風の本土への年間接近数は2011年以降の6年間平均で6.16個、上陸数は年間平均で6個。月に平均すると0.5個程度でそれほど多くはありませんが、時期的に7月から10月に集中して台風が来るため、前回の雨で地盤の緩んだところに勢力の強い台風が再度現れたらどうなるか、というのが昨年の北海道の台風による被害の拡大につながったのです。
おおよその台風の進路はつかめても、その年の気象状況により接近する台風の勢力も頻度も変化します。台風の季節は、刻々と変化する気象情報について、ニュースやその他の媒体からの正しい情報に気を配っておくことが大切ですね。

スポンサードリンク

-台風
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

豪雨、時々豪風 台風直下の沖縄夢の美ら海水族館旅行体験談

スポンサードリンク 夢の沖縄旅行に行ったのは、私が25歳の時でした。 ずっと憧れていた沖縄へ、シルバーウィークを利用して友人と2泊3日の旅行に行くことが決まりした。 スポンサードリンク More fr …

長崎ハウステンボスで台風とともに過ごした夏休みレンタカーの旅

スポンサードリンク 夏休みを利用し、子供メインで二泊三日の4家族大移動の旅を企画しました。 この時期は台風シーズンで、先の天候を読む事は難しく、悪天候でも楽しめるだろうと、ハウステンボスに決定。 スポ …

台風直撃の上高地、森のリゾート小梨で3日間を過ごした体験談

スポンサードリンク 私は35歳、女性です。教員をしています。私が上高地を訪れたのは、夏休みの真っただ中の8月中頃でした。 真夏の猛烈な暑さをしのぐための避暑地旅行だったのに、台風の直撃で悲惨な目にあい …

和歌山県那智勝浦町のホテル浦島での台風体験

2013年の夏ごろ私は21歳でした。 スポンサードリンク 仕事は飲食業で、職場で出会った夫と結婚したてのころ、夫の親戚が住む三重県の鳥羽にご挨拶に伺うため東京から関西方面へ向かう予定ができました。 め …

台風の沖縄本島たつや旅館でユンタクーを堪能し、飲み明かした体験談

スポンサードリンク 4年前の9月27日、28才だった私は6度目の沖縄本島へ旅行に行きました。沖縄が大好きで、離島にも5回滞在しており、今回の旅行は離島で知り合った沖縄仲間と2度目の旅行でした。 スポン …