沖縄旅行体験談 台風

台風が2つも来襲してたのに沖縄旅行を強行しました

投稿日:2017年6月11日 更新日:

10月に友達同士の沖縄旅行を毎年実施していました。

その年もそれぞれが30代の会社員ということもあり土日+有給で2泊3日の沖縄旅行で離島の渡嘉敷島で体験ダイビングもしようという計画を立てていました。

参加するのは私を含めた男2人と女2人の計4名。台風さえなければ楽しい旅行になるはずでした。

スポンサードリンク

台風が2個発生して出発前から暗雲立ち込める沖縄旅行

私たちの旅行の予定は、初日は朝に那覇空港に到着したあと沖縄本島を観光して、慶良間諸島の離島、渡嘉敷島行きの泊港フェリーターミナルの目の前にあるかりゆしアーバンリゾート那覇に宿泊。

2日目は朝一番のフェリーで渡嘉敷島に到着してそのまま体験ダイビングを楽しんでとかしくマリンビレッジに宿泊。

3日目にフェリーで沖縄本島に戻って夜の飛行機で那覇を後にする予定でした。弾丸ツアーなりにスケジュールを綿密に組み、航空券、ホテル、レンタカー、ダイビングの予約も済ませていました。

ところが、旅行前の週になって10月だというのに台風が一つ発生してしかも進路予想は旅行の日に直撃する確率が高いというので愕然としました。

それでも、会社員で休みを取ってしまった以上飛行機が飛ぶ限りは旅行を強行しようと誓いました。

しかし数日前になってさらにもう一つの台風が同じような進路でやってくることがわかりました。しかし今更キャンセルするわけにも行かず私たちは旅行を決行しました。

沖縄に到着初日は経験したことのない台風による暴風雨

1つ目の台風の那覇への再接近予定は初日の夕方ということで、初日朝の飛行機は欠航になりませんでした。私たち4人は、一縷の望みを掛けて海水浴のシュノーケルや水着を準備して東京で羽田空港からの飛行機に乗りました。

もしかしたら奇跡的に台風が逸れるかもしれないとほぼ可能性ゼロの望みを持って飛行機に乗りましたが、那覇空港に着いたとたんにそれは打ち砕かれました。

那覇空港からレンタカー会社への送迎バス乗り場には屋根があるのですが横殴りの暴風で傘も役に立たずレンタカーを借りた時点でずぶぬれになりました。

レンタカーで、A&Wバーガーやブルーシールアイスなど室内で楽しめる本島観光をしていましたが、段々と台風が迫ってくる中で雨と風がどんどん強くなりました。

スポンサードリンク

当初の予定通りレンタカーは、初日の夜にホテルの駐車場にガソリン満タンで返却する契約をしていました。翌日は渡嘉敷島に渡るつもりだったからです。

しかし初日の夜の時点で台風接近に伴い本島のガソリンスタンドは殆ど閉店してしまい暴風雨の中探し回ってもガソリン満タンに出来る場所が出来ずに、レンタカー会社に連絡してガソリン代は後日精算ということにしてもらいました。

台風で沖縄から渡嘉敷島へのフェリーは欠航

初日の夜中の間ずっと暴風雨だったのですが2日目の早朝に台風は一応通過し天気が良くなりました。もしかして、2つの台風の間を縫って沖縄から渡嘉敷行のフェリーが運航するのではないかと、私たちはかすかな希望を胸にホテルから直結のフェリー乗り場へ行ってみました。

しかし、当然と言えば当然なのですが台風が過ぎても風が強く海は大荒れで、沖縄から離島へのフェリーは全便欠航でした。渡嘉敷島に渡れない以上、2日目以降の私たちの全ての日程は組みなおすことになりました。

まず、渡嘉敷島のダイビングととかしくマリンビレッジに電話してキャンセルしました。島の人たちは日常茶飯事で予想通りだったようで「そりゃそうですね。」といった対応でキャンセル料もかかりませんでした。

その上で、朝まで宿泊したかりゆしアーバンリゾート那覇をチェックアウトせずに急遽連泊することにし、レンタカー会社に返却する為にホテルの駐車場に置いていたレンタカーも最終日まで借りることに契約変更しました。

この日は午前中は風は強いものの快晴で、レンタカーを使って本島の斎場御嶽やおきなわワールドなどを巡りました。しかしそれもつかの間2つ目の台風がすぐそばまで迫っていました。

二つ目の台風が沖縄に接近なくなく帰京

2つ目の台風の沖縄再接近時刻は3日目の夕方でした。つまり私たちが当初帰京する予定の便の時刻にどんぴしゃで、航空会社からも欠航の可能性が高いので早い便に振り替えしてくださいと連絡が来ていました。

またしても掛けに出るか迷った私たちですが、もし夕方の便の時刻に空港に行って欠航になった場合、その後乗れる飛行機は翌朝つまり4日目の朝になってしまい旅行予定の日数をオーバーしてしまいます。

宿泊する場所もないし、翌日から会社に出勤する予定なのでそんなことできるはずもありません。

結局18時台の飛行機に乗る予定だったのを10時台に早めて帰京することにし、午前中はお土産の買い物に費やしました。

結果的には18時台の飛行機は台風沖縄直撃で全便欠航になったので、その選択肢しかなかったのですが、渡嘉敷島観光ができなかったし、沖縄の晴れた空を見られた時間も2つの台風の間の半日だけとなかなか残念でしたが、旅行に行った以上は笑い話にするしかないと思ってそれぞれ鉄板ネタとして昇華したつもりでいます。

 

スポンサードリンク

-沖縄旅行体験談, 台風
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ルートインホテルに泊まった石垣島旅行体験談

スポンサードリンク 友人たちと一緒に、旅行にいきたいね、から始まった沖縄旅行の体験談です。 そんなにリッチな旅行は無理・・・なら、シーズンオフを狙って旅費を安く上げて遊ぼう、ってなりました。 スポンサ …

伊豆への家族旅行で台風に遭遇し大惨事!旅行体験談

私がまだ学生だった頃まで、私の家族は夏に必ず旅行に行っていました。 スポンサードリンク その旅行先は伊豆。実は会社の社長(規模は小さい)と親戚関係にあり、そちらに社長が持っている別荘があったのです。 …

名護市のホテルで素敵な沖縄旅行体験談

スポンサードリンク 夫と2人で、2年前に初めての沖縄旅行へ行ってきました。2泊3日、旅行した月は9月でしたが、運良く、台風も来ず、スコールはあったものの、比較的天気の良い旅行でした。 私たちは、名護市 …

台風直撃の上高地、森のリゾート小梨で3日間を過ごした体験談

スポンサードリンク 私は35歳、女性です。教員をしています。私が上高地を訪れたのは、夏休みの真っただ中の8月中頃でした。 真夏の猛烈な暑さをしのぐための避暑地旅行だったのに、台風の直撃で悲惨な目にあい …

台風上陸の際に南紀白浜旅館宿泊体験談

30歳の男性、会社員、事務職です。 3年ほど前の楽しみにしていた夏休みの白浜への家族ですが、天候不順で予定外のことになってしまったことがあります。 スポンサードリンク 今となっては滅多にない経験でいい …