リゾートバイトの不安を解消!

リゾートバイトで楽しく働いて稼ごう!

家族と共に念願の北海道ベルヒルズで過ごすスキー旅行体験談

スポンサードリンク


独身の頃からスキーが大好きでした。友達とのスキー旅行は数え切れないほど。でも大阪に住んでいるので、信州か近場の兵庫・滋賀ばかり。いつかは北海道へ行きたいと思っていました。パウダースノー、広大なスキー場、おいしい食べ物、どれをとっても本当に行きたい場所でした。

スポンサードリンク

結婚、出産、子育て。スキーとは無縁の生活の日々

29歳で結婚し30歳で長男を出産、3人の子供に恵まれ、子育てにも大忙しの毎日でした。主人がスキーをしない人だったので、スキーとは全く無縁の生活でした。最初の頃は冬が来てスキー場のニュースを見るたび、スキーに行きたいと言う思いが強くありましたが、5年10年とたつうちにその思いも薄れ、自分は一生スキーはしないだろうなと漠然と考えていました。

長男が中2の時、突然スキーに行きたいと言い出しました。とりあえず電車で近場へ行きました。私と当時中2の長男、小6の次男、小1の長女を連れていきましたが、15年ぶりに行ったスキーはとてつもなく楽しく、この頃からいつか北海道へ子供たちとスキーへ行くぞという思いが強く芽生えました。

いよいよ子供たちと念願の北海道へのスキー旅行へ

北海道へ行く2年前、いろいろあって主人とは離婚をしました。経済的にもとても苦しかったのですが、お母さんは絶対北海道へスキーへ行くからねと子供たちと約束。頑張って資金を貯め今年1月に3泊4日で北海道へ。場所は富良野スキー場で、最終4日目は札幌を観光するプランを立てました。

私は病院で看護助手として働いているので、大晦日、お正月はほとんど仕事でしたが、子供たちの冬休みの間に連休をとることができ、お正月も過ぎていたこともあったので、比較的安いプランでいくことができました。

スポンサードリンク

1泊目、2泊目は富良野のホテルベルヒルズに、3泊目はホテルサンルートニュー札幌に泊りました。1泊目の食事は富良野駅近くの海鮮居酒屋へ。北海道ならではの魚介類が食べられとてもおいしかったです。2泊目はホテルのバイキングを堪能しました。

初めての北海道のパウダースノー、子供たちはうまく滑れるかな?

2日目、いよいよスキー場へ。その前の年、信州でスキースクールに入ってだいぶ滑れるようになっていた子供たちは、リフトにもスムーズに乗れ、とても楽しんでいました。私も初めての北海道の雪を味わい、すごく楽しかったです。

ただ私の年齢は48歳。若い頃とは違い、怪我をしたらどうしよう、こけたらどうしようという守りに入ってしまい、若い頃とは違って無難なコースばかり滑っていて、今考えるととてももったいないことをしたなと思っています。若い頃に来てたら、きっと上級者コースにも行って大胆に滑っていたのだろうなと思うと、少し残念な気もしました。

でももうスキーはできないだろうなと思っていたのに、子供たちと来れて本当に幸せだなーと感じました。

スキーも終わり、最終日札幌観光へ。目的は食べること

最終日は札幌です。札幌ではやっぱり食べることがメインになります。ホテルで朝食を済ませた後、ホテル近くの二条市場の朝市へ。いろいろな海鮮がある中、子供たちはホタテをその場で刺身にしてもらい、おいしいおいしいと食べていました。

その後札幌駅近くの六花亭へ。その店でしか食べられないというアイスを食べました。飛行機までの時間がまだあったので、電車でさっぽろ朝一へ。そこでも海鮮を満喫しました。中でもおいしかったのはウニ。大阪では食べれないおいしさに子供たちもびっくりしていました。

札幌もたっぷり堪能して、新千歳空港へ。お土産をたくさん買って大阪へ。とても楽しい4日間でした。

長男はもう高3。普段から私と出歩くことが嫌いなので、これからは旅行も友達といく方が楽しくなると思うので、あとみんなで旅行に行けるのは数えるほどだと思います。家系的に苦しい中、思い切って計画して実行した旅行。楽しい思い出ができたので、本当に行ってよかったです。

スポンサードリンク