リゾート旅行体験談

山梨県清里のゆったりとした魅力をご紹介

投稿日:2017年4月25日 更新日:

「清里」という名前は、バブル時代を生きた方々には有名な避暑地だそうです。バブルの時代に流行ったものが総じて廃れてしまったように、清里もその例に漏れず廃れてしまった避暑地です。

しかしながら、全てがなくなってしまったわけではありません。
あの頃のような喧騒はなくとも、穏やかな高原の雰囲気を感じることが出来る清里をご紹介したいと思います。

都心から程よい距離の穏やかな観光地 清里

清里は東京からの場合、車でも電車でも二時半半ほどで辿り着ける高原地帯です。標高はおおよそ1000メートル。高い場所では1700メートルほどになります。

訪れる人が少なくなったとはいえ、今でもイベントの時期にはたくさんの人が押し寄せます。特に暑さをしのげる夏や秋は人気がありますが、冬の時期は雪が積もり、幻想的な雰囲気を感じることが出来ます。

自然が好きな人、高原が好きな人、北欧諸国などの海外の雰囲気が好きな人にとっては今でも人気の観光地と言えるでしょう。

ポールラッシュの設立するキープ協会直営の宿舎、清泉寮

清里で一番メジャーな観光スポットというとやはり清泉寮でしょう。
清里開拓の父と呼ばれるポールラッシュによって設立された、キープ協会の運営する宿舎です。

特に有名なのが清泉寮ソフトクリーム。現在でもシーズン中は長蛇の列が出来る大人気ソフトクリームです。

しかし、ソフトクリームである為、列の長さに割には案外待ちません。列の長さに諦めずに並んでみることをおすすめします。

標高1200メートルから見下ろす景色は、ソフトクリームの味を特別なものに変化させてくれるでしょう。
他にも牧場や自然学校など、高原の自然を満喫することが出来ます。

清里の一大フェスティバル、ポールラッシュ祭。

清泉寮に行くのなら忘れてはならないのは、八ヶ岳カンティフェア・ポールラッシュ祭です。八ヶ岳開拓の父、ポールラッシュと、一年間の収穫を祝って二日間に渡り行われる一大フェスティバルです。毎年10月に行われ、その来場者は5万人を超えます。

スポンサードリンク

クラフト市や地元企業の出店、ステージでの様々なプログラムに加え、トラクターが何台も連なるトラクターパレードは必見の価値ありです。特に、クラフト市ではここでしか出会えない一期一会の商品に出会うことが出来るでしょう。

清泉寮ではポールラッシュ祭限定ソフトクリームが出される為、忘れずに食べておきたいですね。子どもから大人まで、清里を愛する人々が集う、年に一度の祭典です。

森の中の憩いの空間、現在の清里を牽引する「萌黄の村」

現在の観光地としての清里を一番に引っ張っている場所は、萌黄の村です。萌黄の村は、たくさんのコテージが森の中に連なっており、その中に様々な専門店が入っています。

清里カレーの代表格であるカレーを食べることができ、コンテストで世界一を獲得したビールを飲むことが出来るROCK。オルゴールを専門に展示している美術館、ホール・オブ・ホールズ。

変わったところでは大豆専門店なんかもあったりします。クラフト工房や輸入雑貨店も様々なものがあり、ここでしか手に入らないアイテムも多数存在しています。

何をせずとも、ただ萌黄の村の中を歩いているだけでも、幸せな気分に浸ることが出来るでしょう。穏やかなひと時を過ごすことが出来ます。

清里にはここでしか体験できないイベントがたくさん!

清里では特に、他の場所では体験できないようなイベントが数多く開かれています。ポールラッシュ祭を筆頭に、日本で唯一連続公演されている屋外バレエ公演、「清里フィールドバレエ」が有名です。

それ以外にも、雑誌「私のカントリー」でお馴染み、カントリー好きなら忘れてはならない「私のカントリーフェスタ」にも多くの人が集います。

若い写真家のみの写真展「ヤングポートフォリオ」も毎年開かれる人気の展覧会です。

お酒好きには「清里ウイスキーフェスティバル」も堪りませんね。地酒も海外のお酒も、様々な種類のお酒が集まります。頻繁に清里を訪れるなら、毎週末に清里駅前で行われる「清里マルシェ」もおすすめです。

と、とにかく清里では数を上げればキリがないほどのイベントが行われています。穏やかな中に存在する賑やかさ、そして暖かな雰囲気。

是非一度、バブル時代ではない現在の清里を訪れてはみませんか?

スポンサードリンク

-リゾート旅行体験談
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カフーリゾートフチャクコンド・ホテルでの沖縄旅行体験談

当時生後10か月の赤ちゃんを連れて沖縄旅行を計画しました。赤ちゃんを連れての旅行ですから、無理をしない、快適な旅行になるよう、たくさんの下調べをしてからのお出かけになりました。 目次1 ホテルは赤ちゃ …

センチュリオンホテルアンドリゾートヴィンテージ沖縄美ら海に泊まる沖縄旅行体験談。

スポンサードリンク 現在は主婦をしています。懐かしい思い出と共に、夫と行った沖縄旅行について書きたいと思います。 スポンサードリンク More from my site沖縄本島カフーリゾートフチャクコ …

不思議な魅力満載の屋久島への旅行体験談

私の人生初の離島への旅は、大学時代に行った屋久島への旅でした。当時、四国の大学で森林について学んでいた私は、世界自然遺産にも選ばれている森が広がる屋久島に以前から行ってみたいという憧れを抱いていました …

京都旅行時に台風が本州を直撃!貧乏旅行の筈だった・・・体験談

十数年間に私が大学生の時、京都に女子旅に行ったときの懐かしい思い出です。 スポンサードリンク 今はそのメンバーは皆30代も後半となり子育て中です。 ちょうど大学の夏休みも終わる頃、9月の上旬に二泊三日 …

隠れた魅力の大分県長湯温泉「ラムネ温泉館」旅行体験談

私は関東在住ですが、田舎が大分の方になります。 親族の住んでいる近くに、面白いところがあるんです。その親族の家に遊びに行くときに必ず行く温泉の話をしたいと思います。 目次1 温泉県大分2 自然の中に長 …