リゾートバイトの不安を解消!

リゾートバイトで楽しく働いて稼ごう!

大阪ディープサウス 天王寺界隈でレトロ大阪を楽しむ体験

スポンサードリンク

大阪生まれの大阪育ち・・・とはいえ、どこら辺とかそこいらはあんまり聞かんといてください。

地元大好きな自分が、大阪のちょっとええところを大阪人目線で紹介したいと思います。

スポンサードリンク

大阪の中心は天王寺?!

 

大阪市南部のおっちゃんは「大阪の中心は天王寺や」と恥ずかしげも無く豪語される方も少なくないのですが、最近日本一のビルが建ったり、巨大なショッピングモールができたり、あの天王寺公園でさえに劇的に改造されてなんともお洒落な公園になってしまいました。

逆にこれは天王寺じゃなくてもええんちゃうかというようなスポットが増えていく中でしっかりと昭和の匂いを残すディープな商店街や意外と見所のある歴史的建造物もあって、ほんまにゆっくり歩き回ってほしい町です。

教科書で見たことあるでしょ・・・四天王寺さん

聖徳太子が建立したことで有名な四天王寺さん。大阪人はお寺の名前の下にもさんをつけます。JR天王寺駅からは北口を出て歩いて15分かかりません。

ほんまの正門は他にもあるんですが地元の人間は西側の石の鳥居をくぐって参詣します。この石の鳥居は極楽浄土の入口に通じてるそうです。シンボルの五重塔やら金堂やらやたらと広くて、全部見てまわると大変やけど、お勧めは日本庭園。

都会の真ん中と思えない風情もあって落着きます。毎月21日22日は骨董市もやってるのでそれに合わせて行くのもいいですね。

大阪らしい!なんでもありの一心寺さんは懐が深い

四天王寺さんにお参りしたら目の前の坂を下ってすぐの一心寺さんにもお参りください。ここは江戸後期から年中無休で施餓鬼のできるお寺で宗派は問いませんというコンビニエンスなお寺です。

一心寺さんは納骨された遺骨をまとめて仏像を造立されるのが有名で、平成何年から何年までのお骨はこの骨仏さんといくつもの骨仏さんが並んでいるわけで大阪の庶民はお墓の無い人はもちろんお墓があっても分骨してここに納める人も少なくありません。

スポンサードリンク

ご先祖さんをしのんで訪れる人が絶えないお寺さんです。またその山門はモダンで有名。超かっこいい仁王さんがお迎え下さいます。

昭和レトロな酒飲み天国・・・かなりディープな阪和商店街

 

JR天王寺北口を出て徒歩1分の阪和商店街は隠れた名所。

まず入口がわかりにくいですがよく見るとパチンコ屋さんの隣に阪和商店街の看板があるので勇気を出して入ってください。戦後の闇市から発展した商店街は昼なお暗いアーケード商店街で夜になってネオンがついた方がきらめく町です。

このレトロな町には実は名店がいっぱいで激安なのに渋いネタをそろえている寿司の「まんま」にカウンター7席で激せまやけど大阪で一番美味しいホルモン焼きの「つるや2」。一番むちゃくちゃな大阪を楽しめるのが居酒屋「種よし」。立ち飲みでぎゅうぎゅうで斜め立ちして飲んでます。

ワニやダチョウの肉とかソフトシェルクラブなどの珍しいつまみも含めて200以上のメニューが短冊に書かれて賑やかなお店、他では味わえないディープスポットです。

意外と名店揃いのもええよ

 

あまりディープなのは苦手な方にもお勧めなのがあべのキューズモールの中にある「Viaあべのウォーク」のレストラン街。このキューズモールができるときに立ち退きにあったお店もたくさん入っています。

お勧めはグリルマルヨシ。ここのロールキャベツはベシャメルソースとカレーソースのダブルソースで有名です。あとはチンチン電車沿いにあった居酒屋の名店「明治屋」さん。ビルの中なのにかつての雰囲気をそのまま再現していて昭和な雰囲気になっています。並びの正宗屋さんや赤垣屋さんも大阪サラリーマン御用達の庶民の味方酒場です。

せっかくなのでハルカスにも昇ってみましょ!

ハルカスができたときは天王寺にこんなものいるのかなと懐疑的でしたが、ここから見る大阪はほんまに絶景です。まず他に高層ビルがないので景色が遮られることがありません。

ま、日本一高いので元々遮られるわけはないんですが。それにしても東は生駒山、南は関空、西は大阪湾、そして北に広がる大阪市街とスコーンと抜けた景色は何度昇っても気持ちがいいですね。さらにヘリポートまで昇れるツアーも人気です。

ここでしか食べられないパインソフトクリームはパイナップルフレーバーのソフトクリームに懐かしいパイン飴のクランチがかかったうれしいスイーツ!これを食べるためだけにハルカスに昇る人もいるそうですよ。

スポンサードリンク