リゾートバイトの不安を解消!

リゾートバイトで楽しく働いて稼ごう!

初めての沖縄への旅・残波岬ロイヤルホテル宿泊体験談

私の初めての沖縄への旅行は、お互いに車の免許を持たない友人との2人旅でした。

沖縄観光ではレンタカー移動が支流だと思いますが、のんびりとした旅も良いものでした。

スポンサードリンク

まったりコンビで初の沖縄

お金がない・車の免許がない、沖縄に一度も行った事のない2人が目指したのは9月の下旬。

夏の繁忙期も終わり、季節的にもこれからは台風の影響がある時期でした。

まさに、出発の数日前には沖縄本島に台風が直撃していて、あと何日かずれていたら初めての沖縄旅行はキャンセルになっていたかもしれないという不安が、、、。

しかし、そこは普段から動じないまったりコンビで、晴れ女の2人なのか、無事に飛行機も飛び、沖縄に到着することが出来たのです。ラッキーでした。

車なし!選んだホテルは、残波岬の先っちょっ!

那覇空港から出発し、近いホテルから宿泊客を降ろしていく。という経由バスでの移動だったのですが、フライトも格安な夕方の時間帯を選んだために、辺りはもう真っ暗。

乗客は最終的には自分達だけになり、ホテルの灯りで作られた『ZANPA』の文字を見るまでは不安だったのを覚えています。友人と2人でちょっと、感動しましたね。

 

どこでも風がすごい

残波岬は縦に長い沖縄本島の地図でみると、ちょうど下から3分の1くらいの部分に突き出ているところです。

そのため、市街地より遠くて隔てるものがなく、自分達が滞在していた頃は台風の残り風のような天候であったため、大きな風車がグルグルと回っていました。真っ青な空に真っ白な風車はかなりインパクトがありました。

また、ちかくには灯台らしきものがあり、そちらも登ってみたのですが、すごい風!景色は海の色が綺麗にみえたのですが、揺れもすごかったので短時間で撤収するはめに。

スポンサードリンク

今度はホテルの前の残波ビーチを散歩。

少し歩いたところでは、ぴちぴちとしたイカが打ちあがっていて、これは台風の影響かなと。

思えば水の色も濁っている感じでしたが、とりあえずここに来られただけでも幸せでした。

ビーチでフリスビーとお昼寝

移動手段がないので、とにかくまったりのんびり過ごしました。

観光名所からは離れた場所にホテルがあるせいか、家族連れなどの宿泊客も少なく、とても落ち着いた感じでよかったです。

確か、人工ビーチだったかな?白い砂浜でフリスビーをやって駈けずりまわったり、咲いているハイビスカスを髪に刺してウェルカムドリンクを飲んだりと、リゾート気分を満喫しました。

ビーチで遊んでは、何か食べてお昼ねの繰り返しでしたが、本当にずっと憧れていた沖縄で、海の近くで楽しい思い出になりました。旅行に来るまでは、沖縄はどこでも海が見れると勘違いしていたので、それもしっかり分かってよかったです。

サンセットが美しい場所

沖縄にはいろいろな景勝地があり、ビーチに関しては、サンセットビーチとつく場合がいくつかあるそうなのですが、残波岬のサンセットは本当にうっとりするくらい美しかったです。

ホテルも、客室が全てオーシャンビューになっているのか?部屋からの眺めは最高でした。

後から知ったことなのですが、実はこの場所は東シナ海に沈む日夕陽がとてもきれいで、『日本の夕陽の宿・100選』に認定されているとの事。確かに頷けます!

最終日の夕暮れはそれはそれは壮大な景色で、贅沢にもルームサービスを頼み、バルコニーに出てお酒を飲みながら食事を楽しみました。

ホテルの下にはプールもあって、こちらでもサンセットを楽しんでいるカップルがいて、うらやましかったのを覚えています。友人とも、こんどはお互いカップル同士で来ようね!なんて話しをしたような記憶が、、、。

初めての沖縄は、滞在したホテルを後にするのが本当に名残惜しかったです。

 

スポンサードリンク