離島のリゾート

離島、礼文島の魅力にひかれた旅行体験談

投稿日:2017年4月27日 更新日:

北の海に浮かぶ礼文島や広く美しい大自然を見たくなり、旅行に行こうと思い立ったのです。

スポンサードリンク

礼文島ってどんなところ?野草や海など手付かずの自然が魅力

 

礼文島は日本の最北端稚内から船で約2時間行ったところにある北の離島です。礼文と書いて「れぶん」と読みます。すぐ近くには利尻富士と呼ばれる山が美しい利尻島があります。礼文島の方はあまり高低差がなく、初心者でもトレッキングが楽しめる島です。

岸壁が美しい海岸線、高山植物の花畑、どこまでも歩いて行けそうなトレッキングコースが魅力です。礼文島には高い山はないのですが、本州では高山帯でしか見られないような高山植物の花が咲いています。

花の種類は300種類にもなり、花の浮島と呼ばれます。その中にはレブンアツモリソウなどの礼文島固有の種も含まれ、野草好きの人にはたまらない島です。

わたしは8月に訪れたのですが、草原、野草の花、海岸など絶景を楽しみながらトレッキングができて大満足でした。ちなみに島北部の岬巡りコースと島南部の桃岩展望台コース、それから島中央部の海岸沿いを、途中バスとタクシーを利用しながら2泊3日で歩きました。

礼文島での過ごし方。トレッキングで出会える絶景の数々

 

礼文島の魅力はなんといっても北国の手つかずの大自然です。海から森、草原までその魅力を味わうには自分の足で歩いて回ることをおススメします。私は50代の母と一緒にトレッキングを楽しみました。

礼文島トレッキングで出会える絶景のひとつ目は海岸と草原の作る風景です。私たちは礼文島北部のスコトン岬、ゴロタ岬などを歩いて回りました。岬の突端に向かって草原の中をまっすぐのびる一本道、透明度の高い海、岸壁など、北国の荒々しくて雄大な自然に浸れます。

絶景ふたつ目は野草のお花畑です。季節によって様々な野草が花開きます。時期や見どころの場所は年によっても違うので、現地の人に情報を聞いてからトレッキングコースを決めると良いと思います。

絶景みっつ目はお隣の利尻島の利尻富士です。利尻島は山1つがそのまま島になっているような島です。礼文島から海の向こうに眺める利尻島は綺麗ですよ。

礼文島のトレッキングがいろんな人にお勧めの理由

スポンサードリンク

礼文島のトレッキングはいろんな人におすすめできます。体力や目的に応じてそれぞれの楽しみ方ができるからです。礼文島のトレッキングが安心してできる理由のひとつは、クマが生息していないことです。

北海道の大自然の中のトレッキングは多くの人の憧れですが、北海道にはヒグマが生息しています。ツキノワグマよりはるかに大きなヒグマがいるかもしれないと思うと、わたしは落ち着いて散策できません。

礼文島にはヒグマは生息していないので、その点は安心して歩けました。ヒグマ以外の虫や野生動物には注意しなくてはいけませんが。

また、礼文島にはいくつものフットパスがあります。体力や時間に不安がある時はバスやタクシーを利用して名所だけをピンポイントに回ることもできますし、体力に自信がある方は島を縦断するコースに挑戦することもできます。

私と母は歩きたいコースを絞り込み、コースとコースの間はタクシーを使いました。バスやタクシーを降りてちょっと歩くだけでも、人里離れた自然を堪能できるところがよかったです。

礼文島での宿泊。漁師の宿「民宿やざわ」に泊まる

礼文島での宿泊施設は民宿かホテル、ユースホステルなどです。島南部のフェリーターミナル近くの香深という集落か、島北部の船泊という集落に宿が集まっています。

わたしたちは香深港から歩いてすぐの民宿やざわさんにお世話になりました。選んだ理由はフェリーターミナルから歩いてすぐだったことと、海の幸を食べたかったからです。民宿らしいシンプルで素朴な宿でした。

私たちは旅行目的のメインがトレッキングで、宿泊施設にこだわりはなかったのでシンプルな宿でも大満足でした。夕飯には海の幸が出て美味しかったです。

礼文島には昔ながらの歌って踊るミーティングが有名なユースホステルがあります。昭和の香る青春の宿という感じでちょっと興味があったのですが、母との二人旅だったので泊まりませんでした。

礼文島への行き方。日本最北端はさすがに遠いけど旅情満点です。

礼文島は本州に住んでいる人間にとっては結構遠くにある印象です。まずは日本最北端の稚内に行き、そこからさらに船で2時間かかります。この2時間の船旅が「離島に行くんだなぁ」という旅気分を盛り上げてくれます。

フェリーから見た深い藍色の海は忘れられない景色です。旅行は目的地に着くまでの過程も楽しいものですが、礼文島は「なかなか行けない離島」だからこその旅情を楽しめますよ。

わたしたちは本州からJRで稚内まで行きました。途中札幌などに立ち寄りながらの大移動です。北海道の各地を回りたいときはJR、バスなどが良いと思いますが、礼文島にピンポイントで行きたいときは稚内空港まで飛行機を使うと便利だと思います。

最後に、礼文島の澄海岬ではアトリエ仁吉という木工品のお店に出会いました。手作りの木工品が並ぶ素敵な空間だったのですが、2014年から礼文島のアトリエは休業しているそうです。とても素敵なアトリエだったので、もし再開されていたらぜひ立ち寄ってみてください。

スポンサードリンク

-離島のリゾート
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

竹富島のピースアイランド竹富島で台風にあった体験談

スポンサードリンク 2014年8月末の、私が27歳の夏、両親と3人で男性1人女性2人で竹富島に旅行へ行った時に台風に合いました。 石垣島から船で竹富島についてからの台風情報でしたので、帰るか台風を竹富 …

屋久島ユースホステルに泊まる離島旅行体験談

スポンサードリンク 旅人が集う宿泊施設で働いていた私はもともと一人旅が好きでした。屋久島もいつかは行ってみたい、と思っていましたが壮大な大自然を見るためには長い長いトレッキングが必要とも聞いて入ました …

屋久島の民宿たけうちで感じた一生での素敵な思い出離島体験談

スポンサードリンク 念願の屋久島にとうとういくことができました。行ったのは8年前です。姉と父と3人でいくことになりました。 飛行機が苦手で体力に自信のない母をおいて、東京から向かいました。テレビでみて …

喧騒から離れて八丈島でリゾートバイトしてみませんか?

スポンサードリンク 羽田空港から飛行機で50分という、意外にも東京から近い距離にある八丈島。都心からでも1時間程度でアクセスが可能です。 そんな八丈島は、東京都でありながらもヤシの木がたくさん生えてい …

ロッジ八重岳山荘に宿泊する二泊三日の屋久島旅行体験談

スポンサードリンク 以前からずっと行きたいと思っていた屋久島に行ってきました。 父が来年で還暦になるのでそのお祝いもかねて初めての父娘2人旅です。 父が1回でいいから縄文杉を生で見てみたい!と言ってい …