リゾートバイトの不安を解消!

リゾートバイトで楽しく働いて稼ごう!

ファミレスのホールアルバイト体験談

はじめてまともにアルバイトしたのは大学生の時、ファミレスのホール係でした。ちょうど先に働いている学生さんがいたので、接客の仕方や仕事内容を教えてもらいました。

スポンサードリンク

学生時代のバイトはファミレスのホール。覚えることがいっぱい!

ホールバイトの中で大変だったのは、覚えることがいっぱいあったこと。まず、テーブルに番号がついておりお客さんが呼び鈴を押すと、その番号が表示されるのですが、どの番号がどのテーブルか覚えてないとお客さんのところに行くことができません。

はじめのうちは覚えられなくてメモをポケットに忍ばせていました。また、注文を取るときも機械で行うのでどのボタンにどのメニューがあるか覚えておかなければなりませんでした。

メニュー表を借りて家で覚えるなど、地道な努力でやっと覚えることができました。

土日は戦争!料理が出ない!お客さんで溢れかえる店内に右往左往…

当時部活もしていましたので、平日はナイトタイムに主に入り、土日はディナーからという働き方でした。この平日のファミレスの空き具合に慣れてしまっていたせいか、土日のお客さんの多さには圧倒されました。

18時を過ぎると次から次へと家族連れが入店し、あっという間に満席に。ウェイティングスペースも人が座れないほどいっぱいです。そんな時はキッチンもパンクしてしまい、料理がなかなか提供されないことがありました。

当然、長い時間またされたお客さんからクレームが入ります。最悪なのは、家族で来ているのに全員の料理が揃わず、食べ終わる頃に出てくるということも起きてしまいました。

そのときはただただ申し訳なく、謝るしかありませんでした。今思うと、明らかに人手不足で、マネージャーの管理が悪かったのです。

新人バイトならではの恥ずかしいミスの数々…穴があったら入りたい

バイトを始めたばかりのころは、慣れないこともあり色々なミスをしました。まず、視力が低いのに裸眼で接客してしまったときのこと。

スポンサードリンク

奥の席で楽しそうに談笑しているマダムたちがいました。自分はそのとき下げもの担当で店内をうろうろして下げられる食器がないか探していました。

この時、オーダー担当、提供担当、下げもの担当とざっくり決められていました。もちろんどの仕事も臨機応変にやります。

マダムたちのところに大きなお皿があったので、「そちらお下げしてもよろしいですか?」と聞いて手を伸ばすと「なにを下げるの?」…よくよく見ると、ピザが一切れお皿に残っていたのです。見えなかったー!

次の日から、眼鏡をしてバイトに臨んだことは言うまでもありません。他にもハンバーグの鉄板を派手にひっくり返したり、お水のコップを倒してお客さんにギリギリかかりそうでかからなかったり…色々やらかしました。

ファミレスならではのおいしいところ!「従食」で腹ごしらえ

色々と大変なことばかりのファミレスバイトですが、ファミレスならではの嬉しいこともありました。それが「従食」制度です。

そこのファミレスで働く人は、社員でもバイトでも、仕事の日は200円程でメニューの中から好きなものを食べることができるという仕組みです。

私はバイトに入るのがだいたい夜だったので、仕事前にこの従食を夕食としていただいていました。ステーキとか、高いものを頼んでもいいのでラッキーでした。若かったので、だいだい肉系を食べていましたね。

さらにライスも頼めばもらえるので、いつも山盛りポテトフライ用の大皿にご飯を乗せてもらってもりもり食べてから仕事していました。これが、ファミレスバイトの大きな楽しみでした。

いろいろあったけど、友だちもできたしいい経験になりました当時、卒論や就活を控えていたこともあり、このファミレスでのバイトは、1年ほどで辞めることにしました。

いろいろ大変なことも多々ありましたが、違う学校の同世代の人が集まってくる場所でもあり、自然と友だちもできてバイト終わりにカラオケに行ったり飲みに行ったりという楽しみもできました。

何より、アルバイトをすることで、お金をもらって働くことの大変さを知ることができたし、自分で働いてお金を稼ぐという経験をすることで少し大人になれた気がしました。

また、ファミレスの店員さんの苦労を知ったことで、お客として来店するときの態度もより気を付けるようになりました。もし余裕があったら、就職する前にもっといろいろな職種でアルバイトをしておきたかったと思います。

スポンサードリンク