リゾートバイトの不安を解消!

リゾートバイトで楽しく働いて稼ごう!

リゾートホテル小豆島に宿泊 小豆島の旅行体験

旦那とお付き合いをしていた頃に2泊3日で小豆島と豊島に観光旅行に行った時の旅行記です。もともと瀬戸内海が大好きで、瀬戸内海でシーカヤックがしたいなと思い探していたところ小豆島で見つけて旅行に行く事になりました。

小豆島は離島が好きな方、瀬戸内海が好きな人にとてもお勧めです。

スポンサードリンク

小豆島でのシーカヤック、景色が良くて最高です!

旅の一番の目的だったシーカヤックはDREAM ISLANDという会社のツアーで『サンセットカヤック』を申し込みました。その名の通り、カヤックからサンセットを見る事に出来るツアーです。

瀬戸内海は波が穏やかなので、初心者でも安全にカヤック体験が出来ます。カヤックにはガイドさんがつきますし、写真も撮ってくれて後でデータも送ってくれるので、旅の記念になりました。

集合場所は『ふるさと村』ですが、エリアは限られますが送迎サービスもあります。私達は、行きはふるさと村に直接集合しましたが、帰りはガイドさんにお勧めしてもらった海鮮料理屋のお店『かりえん』まで送ってもらう事が出来ました。

そのお店からホテルまでは、なんとお店の人が送ってくれました!こういった島の人達の温かさに触れる事が出来て、とても嬉しかったのを覚えています。

ふるさと村で借りた定員2名の電気自動車『豆モビ』でドライブ

私達はレンタカーを借りずに、この『豆モビ』と呼ばれる定員2名の電気自動車を借りました。充電の関係で、走行範囲が限られていますが、『オリーブ公園』や『中山千枚田』などの観光地に行く事が出来るので、十分楽しめました。

私達が行った時は夏だったので、エアコン無し&サイド窓なしの車内は結構暑かったですが・・・。その日は私達以外に借りている人がいなかったようで、その珍しさから観光客の方から『どこで借りたんですか?可愛いですね!』、『ちょっと暑そうですね』などたくさん声をかけられました。

スポンサードリンク

若干恥ずかしかったですが、旅行先で別の観光客と話す機会はなかなかないので、これもまた旅のいい思い出になりました。今度はもう少し涼しい時に借りたいです。

景色がとても綺麗な、『道の駅 小豆島 オリーブ公園』

雑誌によく載っていますが、このオリーブ公園内にあるギリシャ風車と海の景色は絶景でした。開放感があって、この景色見ただけでも気分が爽快でいい場所に来たなと思えます。

また、旅行に行くことが決まってから気付きましたが、小豆島は映画『魔女の宅急便』のロケ地だったようで、このオリーブ公園内には、映画に出てくるグーチョキパン屋があり、パンとハーブ関連グッズのショップになっていました。とてもオシャレで可愛いお店でした。記念撮影用に魔法のほうきも置いてありました。すかさず、ホウキと共に記念写真を撮りました。

その他にも、オリーブを使ってリースをつくる体験会があったり、イベントも盛んに行われていました。私達はゆっくり散策するだけでしたが、次回行くことがあれば是非そういった体験にも参加したいと思っています。

会期が終わった瀬戸内国際芸術祭の作品も見れました!

3年に一度開催されている瀬戸内国際芸術祭。次回は2019年です。会期中以外でも、作品はそのまま残して観光資源にしているようで、私達が行った際もいくつか作品を見る事が出来ました。作品は島内に点在しているので私達は1日レンタサイクルを使って景色を楽しみつつ作品見学をしました。

特に、建築家の西沢立衛が一部をリノベーションした福武ハウスがとても見応えがありました。こちらは閉校になった小学校を活用して、『アジア・アート・プラットフォーム』という名前で、アジア各所で地域と深く関わっている個人や団体の紹介がされていました。

入場料はいくらかかかったと思いますが、小学校の机とイスがそのまま再利用されていて、ノスタルジックな気分を味わいながら見学しました。作品を見てゆったり流れていく時間に心地よさを感じながら旅が出来てとても良かったです。

スポンサードリンク