リゾートバイトの不安を解消!

リゾートバイトで楽しく働いて稼ごう!

「安芸の宮島」世界遺産・厳島神社と日本三景の魅力

瀬戸内海に浮かぶ「安芸の宮島」は、日本三景の一つとして知られる広島県随一の観光名所です。海に浮かぶ美しい大鳥居で知られ、世界遺産にも登録されている、宮島の厳島神社には、毎年、国内外から多くの観光客が訪れます。

宮島でもっとも有名な観光名所といえるのが厳島神社です。厳島神社は海にせり出して建てられており、満潮時には海に浮かんでいるようになります。この厳島神社は、平清盛が創建したといわれています。

また、宮島では戦国時代には毛利元就が合戦により陶晴賢を破り、のちに大大名となる足がかりをつかみました。このように、安芸の宮島と厳島神社は、日本の歴史の舞台となった場所でもあるともいえます。

 

瀬戸内海に浮かんでいるように見える厳島神社の赤い大鳥居

安芸の宮島のシンボルともなっているのが、世界遺産のひとつ厳島神社です。さらにその厳島神社のシンボルとなっているのが、海に浮かぶ赤い大鳥居です。厳島神社の大鳥居は、宮島に向かうフェリーからも眺めることができます。

大鳥居は、満潮のときには海中に浮かんでいるように見えます。逆に干潮の時には大鳥居の近くまで歩いていけるようになっています。干潮時には、大鳥居の近くでカニや貝など海の生物も見ることができるので、小さい子供も喜ぶのではないでしょうか。

また、厳島神社の美しい大鳥居は絶好の撮影スポットともなっています。天気の良い一日には、厳島神社の美しい大鳥居ときらめく海のコントラストがさらに美しく見えます。

それから、厳島神社では結婚式を挙げることもできます。厳島神社での結婚式は、一日二組限定です。厳島神社の赤い社殿に、着物姿の新郎新婦の姿は、たいへん美しく、絵になります。

かつては厳島神社をはじめ宮島は、戦国時代には戦の舞台ともなりました。安芸の戦国大名・毛利元就が、周防の武将・陶晴賢をおびき出したのです。

スポンサードリンク

当時は小勢力に過ぎなかった毛利元就が、強兵をもってならした陶晴賢を破ったことで、のちの大大名への道を切り開きました。このように、宮島には歴史を感じさせる名所がたくさん残っています。

このような歴史の舞台となった安芸の宮島と、世界遺産のひとつである厳島神社で結婚式を挙げたとすれば、それは一生の記念になるのではないでしょうか。

 

アナゴ飯やカキ、もみじ饅頭など秋の宮島の名物料理と土産品

宮島は観光だけでなく、食も充実していることで知られています。安芸の宮島の名物料理ともいるのが、瀬戸内海でとれるアナゴを使ったアナゴ飯ではないでしょうか。

また、宮島周辺で養殖されているカキも広島の名物として有名です。カキはおいしいだけでなく、栄養分が豊富なことでも知られています。

このほかにも宮島には、さまざまな土産物があります。なかでも、お土産として有名なのは広島の特産品であるしゃもじではないでしょうか。宮島には、巨大なしゃもじが展示されています。

そして忘れてはならないのが、広島の名物でもあるもみじ饅頭です。宮島でも、もみじ饅頭がたくさん販売されています。

 

観光客を楽しませる安芸の宮島のシカと、子供に人気の水族館

島内では神のお使いとされるシカがあちこちで見ることができます。安芸の宮島で暮らしているこれらのシカは人になれているため、観光客が近づいても、暴れるようなことはほとんどありません。

また宮島には、水族館があるため、子供連れにはぴったりではないでしょうか。

このほかにも、宮島を散策していると、坂本竜馬が訪れたという建物も残されていたり、歴史的な名所に足を運ぶこともできます。坂本竜馬は、安芸の国の隣国である長州(山口県)を頻繁に訪れたといわれています。その道中、宮島に立ち寄ることがあったのかもしれません。

このように、宮島は自然と歴史を十分に感じることができる観光スポットといえます。

スポンサードリンク