リゾートバイトの不安を解消!

リゾートバイトで楽しく働いて稼ごう!

兼六園の歴史、美しさ、観光客を引き付ける魅力

金沢を代表する観光地名称は、兼六園ではないでしょうか。江戸時代の加賀藩主・前田家によって築造された兼六園には、毎年、多くの観光客が訪れています。

とくに北陸新幹線が開業したことにより、さらに兼六園を訪れる観光客が増えています。兼六園を訪れる観光客は、国内からだけでなく、海外からも多くの人がこの兼六園に足を運んでいます。

最近では、観光客に和服を貸し出すサービスも、周囲で広がっており、兼六園と美しい着物が大変絵になります。

この兼六園は、加賀百万石の藩主であった前田家が造営した庭園であり、よく知られるように水戸の偕楽園、岡山の後楽園とならぶ、日本三大名園のひとつでもあります。金沢を訪れたのなら、ぜひともめぐりたいスポットです。

 

兼六園が誇る、高低差を利用した江戸時代のサイホン式の噴水

兼六園のすばらしさは、随所に、先人の知恵がみられることではないでしょうか。兼六園は、ただ池や木々の造形がすぐれていることだけではありません。兼六園は江戸時代には珍しく、園内に噴水があるのです。

この噴水は、水の流れの高低差を生かしたものです。もともと、金沢は水が豊富な土地柄でもあります。金沢市内を、浅野川と犀川という美しい川が流れています。その川を生かして、街中には用水路が張り巡らされているのです。

兼六園の噴水はこの用水を生かしたもので、サイホン式と呼ばれています。一度高いところから水を落とし、その反動を利用して今度は噴水として水を噴き上げさせているのです。兼六園で観光客を楽しませる噴水には、江戸時代の知恵が隠されているのです。

 

兼六園で感じられる桜、梅、雪景色などの四季折々の日本の美しさ

スポンサードリンク

さて、兼六園の魅力となっているのはサイホン式の噴水のように、当時の最先端の技術が生かされているところだけではありません。四季折々の美しい自然の移り変わりが楽しめるのも、兼六園のよさといえるのでではないでしょうか。

兼六園では春になると、梅や桜の花を楽しむことができます。そして初夏には、曲水を埋める菖蒲の花を眺めることもできます。さらに秋には、赤く色づいた紅葉が見ごろとなります。また、冬の雪景色も兼六園の魅力です。このように、兼六園では四季折々の美しさを感じることができます。

このような自然が残されているのも、兼六園が国内外からの多くの観光客をひきつける魅力といえるのではないでしょうか。

兼六園は、四季折々の日本の美しさを体感することができます。また、兼六園のすばらしいところは、街中にありながら、豊かな自然が今も残されていることです。兼六園の周辺には、タヌキやキツネなどがすんでいるともいわれています。

そして雪国の金沢では、冬の兼六園にこそ、最大の魅力があるといえます。兼六園のシンボルのひとつとなってるのが、雪が積もる冬の風物詩でもある雪つりではないでしょうか。これは、雪の重みで木が傷まないように、木をツリー状にひもを張り巡らせるものです。

雪が降った日は、雪つりに雪がきらめいて大変美しい眺めを楽しむことができます。雪が降るような天気の日にはなかなか観光地に足を運びにくいものですが、冬の兼六園の雪つりは一見の価値があります。

 

金沢城や金沢21世紀美術館などの兼六園周辺の観光スポット

兼六園周辺には、多くの観光名所があることも、旅行者をひきつける魅力のひとつとなっています。

たとえば、兼六園からすぐ近くには、加賀百万石の藩主・前田家の居城であった金沢城があります。この金沢城は、もともと金沢大学のキャンパスとして使われていました。最近では、櫓た庭園などの復元工事が進められており、かつての歴史をしのぶことができます。

また、金沢21世紀美術館などの名所も多いため、観光で訪れるのにはぴったりです。金沢駅から兼六園までは、それほど距離も離れておらず、路線バスを使っても20分ほどしかかかりません。最近では、レンタサイクルで兼六園などをめぐる人も多いようです。

 

スポンサードリンク