バイト体験談

私には天職だったコーヒーを通しての接客のアルバイト

投稿日:2017年4月7日 更新日:

大学生の時、自宅近くのカフェでアルバイトをしました。コーヒーが好きだったのと、何よりあまり混まない店だし暇そうで自分にもできそうだと思い、初めて長期アルバイトを始めました。

しかし暇そうだと思って始めたアルバイトですが、実際そんなことはありませんでした。覚えることはたくさんあるし、場所が場所だったので時にとんでもなく混雑してとても忙しくなるお店でした。

それでもアルバイトを続けていると、お客さんに嬉しい言葉をかけられることもあり、大変でもやりがいを感じながら接客業を頑張ることができました。

スポンサードリンク

 

初めてのアルバイトは自宅近くのカフェで

私は大学2年生の12月に自宅から近いカフェでアルバイトを始めました。

それまで2週間や3週間といった短期のアルバイトに就いたことはありましたが、長期でやるのは初めてでした。家の近くだったので何度かお店に行ったことはあり、あまり混んでいるのを見たことがなかったので「暇そうで自分にも出来そうだな。」と思いました。

また自分がコーヒーが好きだったので少しでもコーヒーについて知れたらなと思い、カフェ店員になりました。入った当初はとにかく覚える事が多く、しんどかった気がします。またあまり接客もやったことがなかったので最初はガチガチで喋っていました。

まずレジや接客の研修を3ヶ月ほどやって、やっとドリンクを作らせてもらえるようになりました。フードやドリンクのレシピや作る手順を覚えるのも大変で家に帰ってからも勉強した気がします。その当時の店長が非常に厳しい方で、新人の頃は幾度となく怒られました。

また、私は「暇そうだな」と思ってその店舗に入りましたがそれが大間違いで、市役所近くだったのでお祭りなどになるとかなりの人が来るのと、劇場の隣でもあったので公演に合わせてお客さんがどっと押し寄せてきてとんでもない混み方をする店でした。

それでも笑顔で仕事をこなし、お客さんに一杯ずつ心を込めてドリンクを提供していると時々、「おいしかったです。また来ます。」などと言っていただける時もあり、このバイトでよかったなと思える日々でした。

忙しい中、笑顔で接客し続けるのは大変でしたが、先輩や同期には気の合う方たちに恵まれ色々な事を教えてもらい、励ましてもらいながら頑張れたので今では大切な思い出です。

 

なかなかできない体験も

スポンサードリンク

そんなアルバイト先でなかなかない体験ができました。私が入店した当初、そのお店はフランチャイズの営業でした。

その時すでに経営不振に陥っていて時々給料の支払いが遅れていたらしいのですが、私は知りませんでした。しかし周りの人たちは事情を知っていたらしく数名が給料についてなど一揆を起こしていたらしいのです。

そしてある日、突然、店長と数名のアルバイトがストライキを起こしました。店長は音信不通になり、その日以来、私を含めてたった5人でお店を回さなければならなくなったのです。15人いた店を5人で今まで通り営業することは到底不可能で、メニューをたった2種類に絞って営業することになりました。

何がなんだかわからなかったのですが、お客さんに「申し訳ありません。今、諸事情でこの商品しか出せなくて、、、。」と説明をしながら営業を続けました。そのお店は地元の常連さんが多かったので、意外にも「それでもいいよ。」とご理解いただける場合が多く、非常に救われた思い出があります。

日頃のお客さん達とのコミュニケーションがうまくとれていたので、この時もお店から離れず、通い続けてくれたのだなと思います。

私たちも「この状態がいつまで続くのだろう。」と不安に思って過ごしていたのですが、一週間ほどそんな営業を続けた後、とうとう限界がきてしまいました。「そんな状況では続けられない」と上からお達しがきてしまったのです。

それもかなり急で、私たちが朝から普通に営業していたのに昼過ぎにお達しがきて16時に突然閉店になりました。「えぇー!?今から!?」と驚きましたが、しかたなくパーテーションを閉め閉店作業をしました。

まさか自分がカフェ店員になり閉店作業をするとは思っていなかったのでかなりびっくりしましたが、かなり貴重な体験をしました。

その後、直営店になり、1ヶ月ほどで再雇用になったので解雇ではありませんでした。二度と出来ないであろう閉店作業が経験できて良かったです。

 

4年のアルバイトを通して得たもの

結局、私は大学院まで進んだのでカフェのアルバイトは4年間やりました。コーヒー豆の売り上げも良い店だったのでコーヒー豆の販売において、かなり接客のスキルを高められたと思います。また退店時にはコーヒーについての知識もかなり深めることができました。

接客業を通して人とのコミュニケーションスキルを学び、その後の仕事でも生かせています。常連さんとのおしゃべりはとても楽しかったです。私は4年のアルバイトで深く、良い時間を過ごさせてもらいました。

趣味で人にコーヒーを入れてあげたりすると「さすがっ」と褒めてもらえ、カフェ店員になって良かったなと感じます。

自分の好きなコーヒーを通して、接客のスキルを身につけられたカフェでのアルバイトは天職だったと思っています。

 

スポンサードリンク

-バイト体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブライダルコンパニオンのアルバイトをやってみて性格も変わった

  私はブライダルコンパニオンのアルバイトをしたいと最初から強く希望していたわけではありません。 ブライダルの仕事は、登録制で好きな日を選べるというところに魅力を感じたので応募しました。その …

携帯ショップでの接客業体験談

接客業関連の仕事は、職種も沢山あるし、自身の生活にも直接関わってくる「見える」仕事だと考えています。収入ややり甲斐を得る為に、自分自身が好きだと思う仕事を選ぶことが出来れば、BESTですね。 スポンサ …

石垣島の居酒屋で毎日が楽しかったバイト体験談

スポンサードリンク ふと、思い出したので、当時の事を書いてみたいと思います。私は、現在25歳で飲食店で仕事をしています。 当時、地元から離れての一人暮らしだった為、お小遣い稼ぎをしたくてバイトを決めま …

千葉県のホテルで客室清掃員のアルバイト体験談

スポンサードリンク チェックインしてホテルに入って部屋に行くと、綺麗に掃除された部屋が用意されていて、旅の疲れを癒してくれます。 部屋は客室清掃員の人が毎日丁寧に掃除をしてくれています。 どんなに散ら …

名古屋駅高島屋デパ地下での接客業アルバイト体験

スポンサードリンク 私の対学生時代の接客業体験です。 大学生の頃、名古屋の高島屋デパ地下にある、お総菜やさんで接客のアルバイトをしていました。 スポンサードリンク More from my site携 …