リゾートバイトの不安を解消!

リゾートバイトで楽しく働いて稼ごう!

バイトでも、夢を叶えるために私はたくさん働いた

スポンサードリンク

カフェでアルバイトをする人の中には、将来的に自分の店を持ちたくて経験を積むために働いている人も少なからずいます。そんな目標を持つ人でも、最初はオーダーを取ったりメニューを運んだり、そういった仕事をきっちりこなしていくことから始まります。

業務の合間にカフェに関する勉強をしたり新メニュー開発等、やることは盛りだくさんです。

カフェを開きたいという夢があった

私は、子供の頃から自分でカフェを開く事が夢でした。

調理科のある高校に進み、調理師免許を取得しました。そして専門学校へ進学して、カフェにまつわる経営学や、ドリンクやスイーツの作り方を学びました。そこで、[バリスタ]という職種に出会いました。コーヒーの専門職です。

プロのバリスタが授業を教えに来てくれて、ラテアートの魅力やコーヒーの奥深さに出会いました。専門学校を卒業してからは、無事に表参道のカフェで働けることが決まりました。いつか自分で出すカフェで、バリスタとしてコーヒーを出したい!と夢を抱いて働き始めました。

長いアルバイト期間の中で頑張った経験と嬉しかったこと

仕事は決まっても、アルバイトという雇用形態でした。世間一般的には、フリーターです。親には心配されました。専門学校まで出てアルバイトか、と言われました。でも給料が低くても、安定のない仕事でも、私はバリスタになりたくて必死に働きました。

最初は、ホールで料理やドリンクを運んだり、オーダーを取ったりする仕事ばかりでした。それも、表参道のカフェなのでお客様の回転率は高いし、でも行列は出来るしで、とにかく忙しくて大変でした。慣れてきた頃に、洗い物をさせてもらえるようになり、調理の仕事もさせてもらえるようになりました。

結果的に、バリスタとして仕事をさせてもらえるようになったのは、働き始めて一年半後の事でした。それまでは、自分の休憩時間を削ってコーヒーを入れる練習をしたり、仕事が終わってからも練習や、勉強会、カフェを巡ってコーヒーをひたすら飲んだり。 

スポンサードリンク

家に帰っても、コーヒーやカフェの本を開いて勉強したり。店でトップのバリスタにずっと付いて、そのバリスタのすることなすこと全てを学ぼうとして真似をしたり、バリスタの雑用をやったり、とにかくコーヒーについて勉強する毎日でした。

でもコーヒーばかりではなく、サービスの仕方や、料理やケーキのメニューを考えたり、試作をしたりなど、たくさんやらなければならないことがありました。上司にたくさん怒られて、落ち込んでは泣いて、反省したり。

大変だったけれど、とても楽しくて充実していたと思います。コーヒーの練習も、その他の仕事も頑張って、部長にバリスタとしてお客様にコーヒーを出しても良いと言われた時は、本当に嬉しかったです。

お客様にラテアートを喜んでもらえたり、コーヒーがすごく美味しいと言ってもらえたり、Instagramに私のラテアートが載っているのを見つけた時は、すごく嬉しかったです!ラテアートの大会を見学しに行ったり、自分も出場したりしました。出場するまでものすごく練習をして、道具を揃えて、本番はすごく緊張したけどとても良い体験でした。

店ではラテアート教室の講師をやったりと、バリスタらしい事がやっと出来るようになりました。でも今思えば、アルバイトがする事ではないなと思います。(笑)でもそんなの気にならないほど、どうしてもこのカフェでバリスタになりたかったのです。

バリスタとして余裕がなくても充実した毎日を過ごした経験から

2年も経てば、カフェの仕事にもバリスタの仕事にも慣れて、毎日楽しく仕事をすることが出来ました。仕事をこなすばかりで全然余裕のない毎日だったけど、だんだんとお客様との会話を楽しめるようになったり、バリスタとして、「魅せる」仕事が出来るようになりました。あの時に頑張った日々は、私の貴重な経験になりました。

今は結婚して、妊娠をきっかけに仕事を辞めてしまいました。子供たちが大きくなったら、夫婦でカフェを出したいと思っています。妊娠して、夢を諦めかけたけど、もう一度夢を叶えるために頑張ろうと思います。

専門学校でバリスタという仕事に出会えて、カフェで働く事が出来て本当によかったです。自分の店を持つために、あの時の経験を忘れないでいようと思います。

スポンサードリンク