飛騨地方でのリゾートバイトで得た沢山の思い出


私は40歳の専業主婦です。

私が経験した初めてのリゾートバイトはかなり昔ですが、19歳のお正月休みにしたスキー場でのアルバイトでした。

岐阜県の飛騨地方のスキー場で、朝の6時半から始まるスキー場でした。


最高のロケーション


冬の早朝なのでもちろん真っ暗です。明け方になると条件がいい晴れの日は最高のロケーションを見る事ができました。

それは朝焼けと星空のコンビネーションです!初めて見た時は息を飲む程の美しさで感動しました。

雲1つない空が半分オレンジでもう半分が星空なんです。空気が澄んでいるので、星も沢山見えます。

でも毎日それが見える訳ではないんです。雲が出ていたり、朝焼けがなかったり。バイトなので毎日通ったからこそ偶然見れる景色でした。

そしてリゾートバイトならではなのが、オープン前の真っ暗なゲレンデの頂上付近でその景色を見れた事です。

ゲレンデ整備の車にこっそり乗せてもらいました。

雪をならす大きな整備車でしたが、ゲレンデは真っ暗なので、特に斜面を下る時はかなりのスリル感で、このまま車ごと滑っていくのではないかとヒヤヒヤしながら楽しんだ事を覚えています。

特権を満喫


スキー場だとスキーやボードのスクールってやってますよね。

リゾートバイトの特権で無料で教えてもらえてかなりラッキーでした。

もちろんリフト代なんていりません。私はリフト乗り場でのリフト券チェックをしていたので乗り放題です。

バイト中に滑ることはもちろんダメですけどね。スキーしか経験がなかった私は、ボードにチャレンジしてみました。

スクールの先生に無料で教えてもらい、簡単にターンをする事ができました。

また、パトロールの人と仲良くなると、1回だけね!と言われましたが、スノーモービルに乗せてもらえちゃいました。

もちろん運転なんてできませんが、パトロールのお兄さんの後ろに乗せてもらい、絶叫マシンのごとくゲレンデを走行してもらいました。

スキー場でスノーモービル乗れるなんてケガした時くらいですよね。

スノーモービルが雪の上を跳ねるたびに身体が宙に浮き、かなりのスピード感とスリル感で滅多に味わえない楽しさでした。

ゲレンデの魔法はどこまで有効?!


そしてリゾートバイトの極めつけがお客様からラブレター?をもらった事です。

リフト乗り場でリフト券のチェックをしていると、お客様から話しかけられる事は何度かありましたが、ある日スキー場に私宛の手紙が届きました。

送り主はバイト中に何度か話しかけてきたボーダーのお客様でした。

年齢は私より少し歳上な感じで、かっこよくボードを乗りこなしていた男性でした。

リフトを乗る度に数回話しかけられただけでしたが、とても感じか良かった人だった事を覚えています。

受け取ってみるとメロディ付のクリスマスカードが入っていて、そのお客様からのメッセージも書いてあり、住所や電話番号まで記されていました。

メッセージは何だか照れくさい事が書いてあったように覚えています。

私、リフト乗り場でサングラスかけてウトウト居眠りしながらバイトしてましたが、ゲレンデの魔法って、バイトにも有効だったみたいですね。

 

コメント