リゾートバイトで留学気分。あなたの英語を活かしてみませんか?

リゾバって英語が出来たら有利?

語学が出来ることはどのような業種や業務、雇用形態においても重宝される人材ですが、リゾートバイトでももちろん活躍の場がたくさんあります。

勤務地も京都や白川郷がある岐阜県、三重県の伊勢神宮近くや沖縄など外国からのお客様がたくさん訪れる観光地から、国際会議の開催場所である都会まで様々です。

英語が出来る人は興味のある観光地を訪れて、観光を楽しみつつ、外国の方と会話出来、文化に触れることが出来るので、是非リゾートバイトで特技を活かしてみませんか?

英語が話せて、リゾバで得することは?

英語が話せる方を優遇している職場での主な業務は、食事の配膳や片付け、レストランのホール業務、お客様のお出迎えやお見送り、接客、フロントのチェックイン・チェックアウト、電話応対、売店での接客・陳列・在庫管理、いろいろな部署の補助など、特別な仕事ではありません。

その為、ビジネス英語が出来ないから・・・、TOIECの点数に自信がないから、と遠慮する必要はありません。リゾートバイトをしながら、外国のお客様をおもてなしして、プチ留学してみませんか?

また、南国の離島では、オシャレな職場環境が多く、同僚が外国人というケースがあるので、かなり留学気分にひたれます。

温泉地では勤務態度や成績が認められると「VIPルーム」にお泊まりのお客様を任せていただけることがあります。沖縄では、国内外のお客様が集まる地元のアットホームなスーパーマーケットでのお仕事もありますよ。

頑張って探せば、一風変わった職場で日常生活では出会うことが出来ない人との出会いがあったり、レアな経験が出来る職場が見つかるかもしれません。

時給はいくらぐらい?アップしますか?

ただ、英語を活かせる職場でも時給はそんなに高くないようです。750~900円、高くても1000円ぐらいと他のアルバイトと比べて飛び抜けて効率が良いという訳ではありません。

その為、英語を活かしてがっぽり稼ぐというよりは、コミュニケーションを楽しむことが、リゾートバイトで英語を使う本髄のようです。国内にいながら、多国籍の言語に触れることが出来たという体験談も耳にします。

特にお勧めは外国人に人気の観光スポット、中でも近年、世界遺産などに登録された観光地は海外からのお客様が目立って訪れますし、そもそもの観光客が増加しているから現地のリゾートバイトの需要も増加しています。

歴史好きの方は京都などで海外の方へ日本の歴史や文化を説明してあげることで、旅人に喜んでもらうことが出来ますし、その経験が自分自身のやりがいに繋がるかもしれませんね。

リゾートバイトは長年の友人が出来る機会だと言われていますが、英語が出来る方はその絆が世界中に広がる可能性があります。あなたが好きなことをリゾートバイトで活かしてみませんか?

コメント