ブラックなリゾートバイトの嘘に引っかからない為に

リゾバってブラックに引っかかりそうで怖い!

楽しみながら働けるイメージで求人しているリゾートバイトですが、正直、ブラックなバイト先もあります。
ブラックなバイト先で痛い目を見た人は具体的にどんなことがあったのか、ブラックな働き先に引っかからない為にはどうしたら良いのか。たかがバイトかもしれません。

でもお金が発生している仕事なので、最後まで責任を全うすることは基本中の基本でしょう。バッくれるのはあまり関心したことではありません。
でも、ブラックな事業主に辞める意思を伝えるのは、なかなか精気がいるものです。それなら、そんな雇用先の「嘘」に騙されない為、最初から勤務先を見極めたいですよね。

ブラックで働いた人はどんな目に遭ったの?

ブラックなバイト先を経験した人のエピソードはいろいろあります。
・寮有りで紹介されていたのに、実質はプレハブ小屋だった
・食事が腐りかけだった
・仕事を教えてもらえない
・いきなり専門用語で教えて解説してもらえない
・先輩からの暴言、陰口
・内部の派閥に巻き込まれる
・給料明細がない
・残業はもちろんサービス残業
・家族経営で経費と私費がなあなあ
・現金が無くなる
・未経験者OKなのに、着物一式が自費
・女性に手を出す雇い主がいる

など、もちろん全てのリゾートバイトがこんなところではありませんが、中には質が悪く「ブラック」と言われる要素がフルハウスで揃うようなバイト先が存在するようです。

ブラックなところで働くなんて絶対嫌。回避するには?

こんなバイト先に引っかからない為にはどうしたら良いでしょうか。
まずは、派遣会社を通すことです。初心者の方に多いようですが、雑誌の掲載情報を見て、直接雇用先に電話するのは少し思いとどまることが必要でしょう。

確かに派遣会社を通さない分、時給がアップすることもあります。しかし、ブラックの会社とは、まともな派遣会社であれば、契約を結ばないはずです。
そんな契約から漏れたバイト先がお金や職場環境を実態よりも良く掲載し、餌としてバイトを集めているケースがあります。
バイト先の見極めにおいてもですが、実際にトラブルが起こった場合に1対1で解決するより、間に第3者の派遣元が入ってくれた方が問題解決がスムーズで気苦労が少ないでしょう。


また、派遣会社も信用出来ない人を上得意先には回さないものです。ブラックな勤務状況は、もちろん雇い主側が悪いですが、自衛の意味で自分の一般常識がしっかりしていること。
それは派遣会社とコミュニケーションを取る上でとても大切で、コミュニケーションが取れれば派遣会社からの信頼が勝ち取れます。

信頼が勝ち取れれば、派遣会社も優遇してくれますし、万が一、派遣先でトラブルが起きても間に入ってくれる場合がほとんどです。
ただし、派遣会社自体を見極めることが大切です。派遣会社やブラックなリゾートバイト先の口コミはインターネットで手軽に調べることが出来ます。しっかり下調べをして、ここなら大丈夫という評判の良い勤務先を選ぶようにしましょう。

コメント