リゾートバイトの不安を解消!

リゾートバイトで楽しく働いて稼ごう!

南知多のリゾートバイトで旅館の仲居補助初体験

私は31歳女性。

愛知県名古屋市在住です。

おととし正社員で働いていた会社を退職しフリーターになり、次の仕事を探しつつ登録制の派遣のバイトをしていました。

スポンサードリンク

初めてのリゾートバイト

ある日泊りがけの南知多のリゾートバイトで、旅館の仲居補助のスタッフ募集を見つけました。

長年愛知県に住んでいますが、南知多の方には行ったことがなかったので、おもしろそうだと思い応募しました。

不安と緊張

募集は南知多の海沿いの旅館で週末の2日間泊りがけで、旅館の仲居補助、配膳などの補助を行うというもので、応募が通って行けることになりました。

すると派遣会社の方から電話がかかってきました。

髪の色が明るい場合は黒染めしてくること。

着物と足袋はレンタルで、メールでマニュアルを送るから、目を通してくること。などが伝えられました。

前職が銀行だったので接客の経験はあったものの、来館したお客様をおもてなしするのは責任重大だと、半分観光気分で応募してしまったことを後悔しつつ、当日を迎えました。

いよいよ当日

当日は早朝に派遣会社の方が車で現地まで送って下さりました。

スポンサードリンク

その旅館で働いていた方が何かの都合でお休みされるので、急遽バイトを募集したのだそうです。

2人募集と書いてあったのに、実際は私1人だけと聞いてドキドキしながら向かいました。

南知多は自然がいっぱいでのどかな風景で、ずっと景色を眺めていました。

現地に着くと、目の前に海が広がるとても綺麗な景色の中にある旅館でした。

中に入り責任者の方に挨拶をして、その日に泊まる部屋に案内されました。

そのあと、仲居さんに着物を着せていただき、館内を案内していただき、仕事の内容を教えていただきました。

その方は優しくて気さくな方だったので、緊張が少しほぐれました。着物は動きづらかったですが、鏡に映る自分の姿が新鮮でした。

主な仕事は、お帰りになるお客様をお見送りすることと、その日に泊まるお客様をお迎えすることでした。

ちょうどお客様が帰られるところだったので、先輩の仲居さんとお外までお見送りをして、見えなくなるまでお辞儀をしました。

そのあとも続々とお客様が帰られるので、荷物をお持ちしたり、記念写真を撮ったりしてお見送りしました。

中にはどこどこの観光施設はこっちの道だっけ?などと質問されるお客様もいて、パンフレットを見て探したり、先輩に聞いたりして申し訳なく感じました。

そのあとはお客様の荷物をカートに乗せてお部屋までお持ちしたり、使用した布団や枕カバーを回収して運んだりなどの作業を行いました。

来館したお客様に館内のことを説明するのは、先輩の仲居さんがされていたので内心ホッとしました。

 

お昼ごはんは豪華なお弁当でした。

夕方には夕食の配膳を行いました。

その旅館は部屋食と大部屋での団体食選べるようになっていて、私は大部屋の料理を運びました。

料理は海に近い南知多の旅館だけあって、海の幸いっぱいの豪勢な料理でした。

後片付けが終わって翌日の配膳の準備をし、その日の業務はお終いでした。

夕食は海鮮丼と小鉢のおかずが出て、しかもお風呂は温泉に入れたし、リゾートバイト最高!!と、すっかり旅行気分で堪能してしまいました

。しかし次の日も朝早いので、部屋に入ると早めに就寝しました。

次の日はお昼すぎまでで、昨日と同じ流れで仕事をして、2日間の業務が終了しました。

帰りは、また派遣会社の方に迎えに来ていただきました。

リゾートバイトも、旅館の仲居補助の仕事も初めてでしたが良い経験になりました。

 

スポンサードリンク